ここから本文です

近本、上茶谷ら魅力あふれる若手。村上宗隆は久々に見るスケールの大きな打者だ【堀内恒夫の多事正論】

6/17(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

現状では穴が多いが、将来は球界を代表する打者として期待される村上/写真=高塩隆

 先日、この欄で書いた巨人のドラフト1位ルーキー・高橋優貴が6月1日、ファーム落ちした。開幕から順調に来ていたが、初めての挫折かもしれない。キャンプ、オープン戦、公式戦突入と、初体験の連続で張り詰めていたからへばったのだろう。この機会に二軍で走り込みながら体と気持ちの疲れを取ってほしい。

 今回は、その高橋と新人王を争うことになるだろうセ・リーグの若手選手のことを書く。阪神・近本光司外野手、DeNA・上茶谷大河投手、新人ではないが、ヤクルトの村上宗隆内野手だ。

 まずは、近本。魅力は俊足。ミート力もある。打つポイントがいいから、打球も結構飛ぶ。早いカウントのときには甘い球に強いスイングを心掛け、追い込まれるとファウルしたり、ボテボテの当たりでもいいから当てて出塁しようとする。こういう選手はアベレージを残せる。今の一番打者というポジションはうってつけだろう。阪神は過渡期にある。若返ろうとしているチームには必要な選手だ。巨人が吉川尚輝の故障によって一番打者が不在になって苦労しているのとは対照的だ。

 上茶谷はプロ初完封もマークした。しかし、1球、1球を取ると・・・ 本文:1,304文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/17(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る