ここから本文です

楽天・則本昂大 復活へのカウントダウン/負傷組の現状

6/17(月) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 則本昂大の復帰に向けた準備は、着々と進んでいる。5月25日。仙台市内にあるウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉。ブルペン入りした右腕は、約50球を投げ込んだ。3月中旬に右ヒジのクリーニング手術を受けた則本昂にとって、手術後では初となるブルペンでの投球練習だった。

 その日、一軍はオリックスとのデーゲームがあり、平石洋介監督が直接視察することはなかった。後日、映像でチェックした指揮官は「手術後とは思えない球を投げていた。至って順調。今後は1カ月ぐらいの期間を経て、実戦に入っていければ」と見通しを語った。

 6月2日には手術後3度目となるブルペン入り。約80球を投げ込んだ。スピードガンでは140キロ以上を計測するなど、順調な回復ぶりをうかがわせた。

 複数の関係者によると、手術後の経過は順調で、投球練習後も痛みはないという。左太もも違和感のため、一時は二軍で一緒に汗を流した岸孝之は「すごい球を投げていました」と驚いた様子だった。

 今後は球数を増やし、右ヒジの状態を見ながら実戦復帰のタイミングを模索していく。「元気にやってますよ」と右腕。少なくとも合計5回はブルペンで投球練習を行った後、実戦で登板する予定だ。

 一軍合流の時期について指揮官は「まったく期限は設けていない」と慎重を期する構え。無理はさせない方針だが、則本昂の復帰に懸ける思いは強い。すべてが予定どおりに進めば、7月中にも一軍のマウンドに立つことになりそうだ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:6/17(月) 12:18
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ