ここから本文です

大洋・平松政次、交渉期限ぎりぎりで入団/週ベ回顧

6/17(月) 16:18配信

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

【週ベ表紙画像】表紙を飾った懐かしの名選手たち

長嶋茂雄の首位打者は無理?

 今回は『1967年8月28日号』。定価は60円。

 8月10日、交渉期限ぎりぎりで日石・平松政次の大洋入りが発表された。
 8日に終了した都市対抗では、見事優勝投手となったが、実は天候等もあって都市対抗の日程が3日延び、大会後の交渉の約束となっていたため、大洋側はかなりやきもきしていたようだ。
 決勝の後、平松は「条件が折り合えば」とプロ入りの意思を明らかにした。

 翌9日の交渉で決まると思われたが、話し合いは深夜まで3時間半と長引き、結論も出なかった。
 実は前年秋、大洋は平松に1700万円の契約金を提示し、断られていたのだが、都市対抗前日に受けた提示は、なぜか200万円ダウンの1500万円。
 平松側はこのとき大洋にかなり不信感があったが、高校の先輩・秋山登、土井淳から直接交渉にあたっていたというから「都市対抗で結果を出せば、また違う」くらい言われていたはずだ。

 そもそも、この時期に入るか、次のドラフトで入るかはそう大きな違いではない。大洋側に強気になれる要素は多くなかった。

 平松は都市対抗優勝、橋戸賞。甘いマスクで人気もあって、平松ブームとなっていた。しかし、9日の交渉では提示は変わらず。平松側は一気に硬化した。

 中部謙吉オーナーは「平松獲得に金を惜しむな」と号令をかけていたのだが、三原脩監督が平松獲得に熱心ではなかったからではないか、とも言われる。
 真相は分からないが、結局、10日、ぎりぎりでのサインとなった。

 この後、8月25日から神宮でアジア大会が行われ、この秋のドラフトの注目選手が多数出場する。その中で明大の高田繁が契約金5000万円級とあり、ほかにも2000万、3000万と景気のいい数字が躍っていたが、そもそも契約金には上限があったように記憶するが、気のせいか。

 セの首位打者争いでは中日・中暁生が大洋・近藤和彦を抜いて1位になった。
 シーズン前、首位打者の本命と言われた巨人・長嶋茂雄は2割8分台と振るわない。表紙で「首位打者不能説への反論」とあったので、その部分を拾ってみるが、やや羊頭狗肉。
「オレはいまそんな反論もくそもないよ。ただもう後半戦に3割に持っていくか。自分との戦いですよ」
 と言っていた。

 では、またあした。
 
<次回に続く>

週刊ベースボール

最終更新:6/17(月) 16:49
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい