ここから本文です

株を始めたい!そう思ったときにはどんな準備をしたらいい?始める前の準備編

6/17(月) 8:01配信

Suits-woman.jp

株が下がり始めている今、そろそろ株も買い時かもって思っている人もいるのではないでしょうか?株は上がったり下がったりするものですが、ちょうど下がったタイミングで買って、上がったタイミングで売るのが王道です。株は始めたいと思ったその時からポジションを持てるわけですが、スムーズに進めるためには事前に方法論を知っておく方がいいでしょう。今すぐ株をやると決めているわけではない人も、やりたいと思った時にすぐスタートを切れるよう事前の準備をしておきましょう。ここでは、株をスタートするために事前に得ておきたい知識をまとめていきます。

株の価格を知ろう~100株単位のものがほとんどです

まず、株を買うためには何をおいても資金が必要です。株の価格を株価といいますが、株価はそれぞれの銘柄ごとに違ってきます。ネットなどでは1株単位で値段が書かれていますが、ほとんどの銘柄においては100株単位での売買が一般的なので、購入するときは100株単位の額が必要となります。つまり、株価に1000円と書いてあれば、買うためにはその100株で10万円が必要になります。おおよそのボリュームゾーンは20~30万円ぐらいになってくるので、まずは、20~30万円ぐらいの資金は必要となるでしょう。

株の格言としてはよく「卵は一つのカゴに盛るな」ということが言われます。これは卵を一つのカゴに盛るとカゴが落ちたらすべて割れてしまうというリスクを示した言葉です。株の場合は、一つの銘柄だけを買った場合、リスクがあればそれをもろに受けることになるので、いくつかの銘柄に分散してリスクに備えよという意味になります。確かにリスク分散を考えたらいくつかの銘柄を組み合わせたほうがいいのですが、いくつもの銘柄を買おうと思ったら、それだけ資金も必要になります。100万円ぐらいあると、バランスよく買うことができそうですね。

口座を開こう~ネット証券がおすすめ

株の取引は証券会社で行ないます。それには証券会社の口座を開く必要があります。証券会社の口座の開き方は銀行口座の開き方とそう変わりがないので難しいことはないのですが、それなりの日数がかかります。ある程度見込んでおきましょう。証券会社は店頭の証券会社もあるのですが、ネット証券がおすすめです。なぜなら、株の売買をするときに一番気にしたいのが手数料だからです。実は、株価はどこの証券会社で買っても同じですが、手数料が証券会社ごとに違っているため、どの証券会社を使うのかによって儲けがまるで変わってくるのです。

例えば、ある證券会社では、店頭での取引は50万円に対して3000円強の手数料がかかり、株価によってはさらに高くなります。一方で、ネット証券なら断然安く、ちなみにSBI証券なら50万円に対して270円しかかかりません。手数料は取引を重ねれば重ねるほど存在感を増してくるので、なるべく安いネット証券がおすすめです。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 8:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ