ここから本文です

メーガン妃が撮影したアーチーくん&ハリー王子の写真が公開に

6/17(月) 14:11配信

25ansオンライン

6月16日は、父の日! 日本と同様、英国でも同日ですが、ロイヤルファミリーの皆様のInstagramでは、皆様がそれぞれ、“父”にリンクした写真を投稿されました。
中でも大注目となったのが、アーチーくんの登場!
この日の午後、突如ハリー王子&メーガン妃の公式アカウントに、一枚の写真が投稿されました。
そこには、生後約6週間のアーチーくんが!
どうやらハリー王子が息子アーチーくんを抱かれているのでしょう。
そしてきっと、撮影者はメーガン妃ご自身、でしょうね。
プラチナの結婚指輪が光る、父ハリー王子の大きな手を握り、じっとカメラの方を見つめるアーチーくんにキュン。
思わず魅入ってしまう、意志の強そうな目元に、とっても落ち着いた様子で賢そうなお顔!
パッと見た瞬間の、私の印象は、目元がハリー王子似!でしたが、ハリー王子&メーガン妃ご夫妻の子供の頃の写真と比較をしてみたところ、わからない!(笑)

【写真】メーガン妃&ハリー王子、ベビーお披露目会見でもラブラブ!

間違いないのは、お鼻はやはりメーガン妃似?
しかし、目元…、実はメーガン妃の子供時代の目と似ている気も。
先日ハリー王子もおっしゃっていたように、日々お顔が変化するだけに、決めつけることはもちろん不可能だし、意味なし。
とはいえ、見ちゃうんですけどね(笑)だってベビーはかわいい!

キャプションには、
「ハッピー・ファーザーズ・デイ!とてもスペシャルな初の父の日となることをお祈りしています」
写真はご自身たちで撮影、しかし投稿は、さすがにメーガン妃ご自身ではなく、スタッフによるもののようです。
息子の誕生後、メロメロなハリー王子にとって、初の父の日!
きっとご家族3人でお過ごしになったのでしょう。

他にも、ロイヤルファミリーの皆様が、それぞれInstagramを通じて、父の日に関する写真を投稿!
もちろんケンブリッジ家も。
ケンジントンパレスが投稿したのは、先日のチェルシー・フラワー・ショーでキャサリン妃がデザインされたお庭で撮られた、ルイ王子とウィリアム王子の2ショット写真。
ターザンロープにルイ王子を乗せ、注意深く、かつ慣れたご様子で息子を楽しませて差し上げるパパの姿に感動しましたね。
そしてもう一枚は、もうひとつの父子関係。ウィリアム王子と父チャールズ皇太子との2ショット写真も。
2012年に、チャールズ皇太子がアングルシーのバレー空軍基地を訪問されたときのもの。
当時、空軍のパイロットとしてウィリアム王子が勤務されていた場所で、キャサリン妃との新婚時代の拠点ですが、父が息子の勤務地を訪れるという、父子らしい一枚がピックアップされました。

そしてチャールズ皇太子のオフィスアカウントである、クラレンスハウスからは、二枚。
一枚は、ご両親エリザベス女王&エディンバラ公と写る、懐かしいお写真。
モノクロ写真は、1957年のバルモラル城でのひとコマだそうで、木で作られたシーソーで遊ばれる、チャールズ皇太子とアン王女。それをサポートし、見つめる女王ご夫妻。親としての何気ないお姿や、ご一家のプライベートシーンに。
そしてもう一枚が、愛する息子たちとの3ショット写真。ユニフォーム姿が選ばれました。
ダイアナ元妃の事故死以来、御三人で傷を癒し合いながら生きてこられたことを思い起こさせられ、なんだか切なくもなってしまったのは私だけでしょうか。

気づけば、Instagramでの投稿というのが、当たり前になっている、進んだ英国ロイヤルファミリーですが、同じテーマでの投稿もそれぞれの思いや、個性が表れていますね。

中でもやはりサセックス公爵家の写真は注目度No.1と言えるでしょう。
初だし画像で、最新のアーチー君のお姿!ということに加えて、おしゃれ感たっぷりのイメージ写真!
ご結婚前まで、ブログにインスタと、SNSフル活用だった元セレブリティのメーガン妃は今でも健在の模様。
今回も、メーガン妃流の新しい風、を実感です。

これまでキャサリン妃も、子供達の公式写真をご自身で撮影されてきましたが、写真は基本、わかりやすくリアルで生活感を感じさせるもの。
メーガン妃が撮影の写真は、イメージ重視でスタイリッシュなものが多いように感じます。

これも、ふたつの公爵家の個性。
今後お子さまたちが大きくなるにつれ、この違いがあきらかになるのかもしれません。それも楽しみです。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:6/17(月) 14:11
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年8月号
2019年6月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ