ここから本文です

1本パンクしたら4本新品に! 最近増えているタイヤの「パンク補償」とは

6/17(月) 6:21配信

WEB CARTOP

タイヤ1本のパンクで4本とも新品に交換してもらえる

 近頃、大手カー用品店などが導入している、タイヤ1本のパンクで4本とも新品交換してもらえる「タイヤパンク保障」というサービスがある。保証額の上限にもよるが、新品タイヤ4本以上を購入し、取り付けするときにおよそ3000円~9000円の加入料を払うと、購入日から2~3年の間にパンクした場合、上記のサービスが受けられるという保証だ。

どうやって使うの?工具珍百景

 たとえば、オートバックスの場合、「あんしんタイヤ補償」という名称で、保証期間は30カ月。ただし、4本のタイヤのうち、1本でも残溝が2mm(スタッドレスは4mm)以下になった時点で補償終了になる。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~60,000円のケースで、4,860円(補償上限60000円)。

 イエローハットの「タイヤパンク保障」だと、保証期間は購入から2年または25000kmまで。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~70,000円のケースで、5,400円。

 ジェームスの「パンク3年保証」だと、保証期間は3年で、走行距離は無制限だがタイヤ1本でも溝の深さが夏タイヤは1.6mm以下、スタッドレスタイヤは4.0mm以下またはプラットフォーム露出で保証期間が終了となる。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~60,000円の場合、5724円(パンク時のロードサービス付)。

 いずれも、ユーザーの故意もしくは重大な過失によるパンクは保証対象外となる。また、保証は期間内に1回限りというルール。

パンクに見舞われる場合3年以内という確率は50~60%!

 タイヤトラブルの統計を見ると、パンクの経験があるドライバーは40~55%。そして新品タイヤを購入してからパンクするまでの期間は、3年以内というのが50~60%というデータがある。

 最近のタイヤは、パンクしづらいというイメージがあるかもしれないが、JAFの調査でもタイヤのパンクは10年前から約10万件も増えていて、タイヤのトラブルによるロードサービスの出動件数は、2017年度に391,799件と過去最高を記録している。

 しかも、今どきのクルマはスペアタイヤがなく、一度使うとタイヤが再利用できなくなるパンク修理キットしか積んでいないクルマも多いので、上掲のような「タイヤパンク保障」に加入しておくのはかなり心強い。

 大手カー用品店だけでなく、ディーラーやタイヤ専門店、通販系のタイヤショップなどでも、こうしたサービスを取り入れているところが増えてきているので、もしものときに突発的な出費を抑える保険として、これらの「タイヤパンク保障」に加入しておくメリットは大きいだろう。

藤田竜太

最終更新:6/17(月) 6:21
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事