ここから本文です

【バイクで巡るニッポン絶景道】九州の絶景が凝縮! やまなみハイウェイ[大分県・熊本県]#モトツー

6/17(月) 5:32配信

WEBヤングマシン

~大分・熊本県道11号別府一の宮線 やまなみハイウェイ~

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第13回は九州にあるキングオブ絶景ロード、やまなみハイウェイだ。“湯布院日田往還道”を含む絶景道の総延長は約58kmにもおよび、ライダーたちを待ち受けている。

【写真をまとめて見る】

九州の絶景が凝縮!日本屈指、旅人の聖地だ!

この道路の名前は、だれもが一度は聞いた事があるに違いない、まさに日本を代表するキングオブ絶景道がこのやまなみハイウェイだ。

全長は約58km。大分・熊本両県の高原地帯を縦貫するこの道路は、交通面でも重要な幹線道路であると同時に、九州屈指の長大な絶景道として絶大な人気を誇っている。まさに九州旅の主目的とも言えるポイントでもあり、ライダーのみならず、徒歩・自転車旅といったあらゆる旅人の聖地とも言える道なのだ。

九州の高原地帯を縦貫しているという事は、まさに九州の絶景が凝縮した道と言っても過言でない。実は、先だって紹介した“湯布院日田往還道”も、やまなみハイウェイの区間に含まれており、このルートには実に多くのビューポイントが含まれている事が伺えるはず。

かつては有料道路だった区間もあり、全体的に幅広で良好な舗装と線形が特徴だ。その上、50kmを超すロングロードの為、非常に多彩なロケーションを楽しめる事も大きなポイントとなっている。

始点は別府港の目前。つまり、フェリーから降りれば、すぐにやまなみハイウェイの旅が始まる。注目すべきポイントを大きく分けると、(1)序盤の別府~湯布院区間の湯布院日田往還道。(2)中盤の九重高原を遠望する長者ヶ原。(3)ミルクロードと重複しつつ、阿蘇外輪山を超す終点付近の3つに分けられる。

(1)の湯布院日田往還道については関連記事を参照されたい。長者ヶ原界隈は、九重連山を望む草原地帯に一直線に伸びる道が印象的なルートだ。湯布院を過ぎ、本格的な高原ルートをしばらく走ると、前方に立ち塞がるように聳える雄大な九重連山が見えてくる。その山麓に広がる大草原が長者ヶ原だ。草原を山脈に向かって貫く一本道。この絵画のようなロケーションは、やまなみハイウェイで最も印象的なスポットと言っても過言でない。決してカメラの準備を抜かる事ないように注意しておきたい。

また、終盤の阿蘇外輪山周辺も絶対に見逃してはならない。ここは外輪山をトラバースするミルクロードと重複している区間だ。遮るものは皆無。阿蘇市街を見下ろす高層草原を疾走する爽快感抜群のルート。幅広で穏やかな線形ながら、北海道とは一味違う辛みの効いたテクニカルなルートに、バイクで来た事を心から感謝する事となるだろう。

阿蘇界隈は、平成28年熊本地震で多大な被害を受けた地域。しかし現在、やまなみハイウェイは全線開通。周辺全ての観光ルートが開通している訳ではないが、素晴らしい景色と感動は十分に堪能できる。この季節は凍結の心配も多少あるが、天候を確認しつつ、この絶景を一度味わいに行ってみよう。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 5:32
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事