ここから本文です

「iPadOS」が指し示した、アップルが進む“新しい道”

6/17(月) 8:13配信

WIRED.jp

アップルの開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」で特に注目を集めた発表のひとつが、「iPad」専用のOSだろう。ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギは、「このプラットフォームを独自のものとして認識すべきときが、ついにやってきたのです」と高らかに宣言した。

【記事の全画像・動画】iPad専用のOS「iPadOS」

新しいOSは「iPadOS」と名付けられている。リリースは秋の予定で、この瞬間からアップルのタブレット端末は「iOS」では走らなくなる。つまり、iPadは画面の大きい「iPhone」という位置づけから解放され、スマートフォンとは一線を画すデヴァイスに転身を遂げるのだ。

一方で、新OSを搭載したiPadでも、OSのヴァージョンは現段階では「iOS 13」と表示されている(正式リリース後には変わってくるのだろうが、少なくともWWDCにあったデモ機ではそうなっていた)。これは、iPadOSはiOSや「macOS」とカーネルを共有しているためで、アプリのフレームワークもスマートフォンと共通だ。

つまりiPadOSは、実質的にはiOSとほぼ同じものということになる。それなら、なぜわざわざ新しい名前で呼ぶのだろう。

数々の進化

iPadOSが、アップルの新しい宣伝文句にすぎないという見方は、ある意味では正しい。だが名前だけ、というわけでもない。

アップルは過去数年にわたり、iPadはメインのコンピューターになるうえで十分なパワーを備えていると主張してきた。処理能力はデスクトップに引けをとらないし、特に若い世代にとっては「コンピューター」という言葉はモバイルデヴァイスと同義だからだ。

昨年10月に発表された新型「iPad Pro」は実に印象的で、同時に明らかにされた新しい「MacBook Air」の存在がかすんでしまうほどだった。最高経営責任者(CEO)のティム・クックは、iPadを「世界で最も人気のあるコンピューター」と呼ぶ。クックがタブレットではなくコンピューターという単語を使っていることに注意してほしい。

iPadOSには、iPadの使い心地をノートパソコンやデスクトップPCに近づけるための工夫が散りばめられている。例えば、ホーム画面にウィジェットを置くことができるようになる。デスクトップと同じというわけにはいかないが、その第一歩であることには変わりない。サイドバーから簡単にアプリが切り替えられるし、マルチタスク機能「Split View」も改良され、ブラウザーで複数のタブを開く感覚でふたつのアプリを開いておけるようになった。

起動中のアプリをカード状に並べて確認できる「App Expose」も使えるし、「Files」ではプレヴュー画面でカラム表示が選べる。ファイル管理システムは外部ドライヴにも対応するようになった(WWDCでフェデリギが、Filesが外付けHDDを認識するようになったと説明したときには、会場が歓声に包まれた)。

ウェブブラウザー「Safari」もiPadOS向けに進化した。フェデリギはWWDCの基調講演で、「最近のウェブサイトはふたつのカテゴリーに分かれています」と話している。これに続く言葉は、iPadがこれまで抱えてきた問題を思い出させるものだった。

「まず小さな画面向けのモバイルサイトがあり、同時にMacのような大きなスクリーンを想定した通常のサイトも存在します。そして、iPadでは画面のサイズに合わない間違ったサイトが表示されることがよくありました」

フェデリギはこれをウェブデザイナーの責任にしたかったようだが、とにかくiPadが“どっちつかず”のデヴァイスであったことは確かだろう。iPadOSの登場によって、こうしたことは起こらなくなるという。

1/3ページ

最終更新:6/17(月) 8:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事