ここから本文です

16歳にして億万長者!YouTuberジョジョ・シワの総資産

6/17(月) 7:02配信

コスモポリタン

ポニーテールと大きなリボンがトレードマーク、16歳のカリスマYouTuberジョジョ・シワ。アメリカのリアリティ番組『ダンスマム』で一躍有名になってから、歌手や女優としても注目を集め、2016年から始めたYouTubeチャンネル「Its JoJo Siwa」のチャンネル登録者は950万人以上に上ります。最近ではTwitter上でのジャスティン・ビーバーとのやり取りも話題に。

【写真】貴族に親が不動産王まで!生まれつきお金持ちのセレブ10人

自らプロデュースしたジョジョ・シワ人形を紹介する『A DAY IN THE LIFE OF A JOJO SIWA DOLL』や、双子の女の子たちにメイクをしてもらう『TWIN BABIES GIVE ME A MAKEOVER』など様々なテーマの動画をアップする一方で、トレードマークであるリボンのプロデュースや本の執筆、今年は初の全米ツアー「D.R.E.A.M. The Tour」の予定まで! 16歳とは信じがたいほどに多方面で活躍しているジョジョですが、やっぱり気になってしまうが彼女の総資産。コスモポリタン アメリカ版が、そんなジョジョのビジネスと推定資産をご紹介します。

YouTubeからの収入は?

YouTuberの収入の仕組みはちょっと複雑ですが、ベースとなるのはチャンネル登録者数と広告収入。チャンネル登録者数が多ければ多いほど動画の視聴者は多く、広告収入も比例して増加するそう。ジョジョがYouTubeでいくら稼いでいるかは非公開ですが、『フォーブス』が発表した2018年版「世界で最も稼ぐYouTuber」ランキング1位の「ライアン・トイズ・レビュー」、ライアンの推定収入は2200万ドル(約24億5800万円)。ライアンのチャンネル登録者数はジョジョの約2倍なので、単純計算でジョジョの推定収入は900万ドル(約10億円)にも及ぶよう。

ジョジョ・シワ・リボンの売上

ジョジョが手掛けるリボンブランドの売上は、さらに衝撃的。2018年に、1個9.99ドル(約1000円)のリボンが4,000万個も売れたそうで、単純計算でなんと3億9960万ドル(約446億4730万円)ということに! もちろん、その一部あるいは多くが提携先や税金に流れるはず…であるとは言え、ティーンエイジャーが起業したビジネスであることを考えれば驚愕の値。

ちなみに、Viacom(ジョジョとパートナーシップを結び、彼女が出演するキッズ番組「ニコロデオン」を所有するメディア会社)によれば、ジョジョがイベントに生出演するとジョジョブランド商品の売上は伸びるそう。2017年に「リボンの売上は、彼女がSlimeFest(子ども向けのフェス)に出演してからシカゴで40%上昇、VidCon(人気YouTuberが集結するオンライン動画イベント)に出演してからカリフォルニア州アナハイム近郊で60%上昇した」のだとか。つまり、リボンの好調な売れ行きは、100%彼女の影響力だということ!

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 11:16
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事