ここから本文です

「日本を大絶賛してくれた」長谷部誠がフランクフルトの俊英FWを東京でおもてなし

6/17(月) 5:08配信

SOCCER DIGEST Web

すっかり親日家となった元U-21フランス代表FW

 アイントラハト・フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が自身のインスタグラムを更新。東京都内でとある人物と再会を果たし、和食に舌鼓を打つ様子を投稿した。

【画像】長谷部誠がフランクフルトの“弟分”と東京で再会! 和食に舌鼓を打つ2ショット写真はこちら!

 そのお相手は、フランクフルトの元U-21フランス代表FWセバスティアン・アレ。オフを利用して来日している24歳は、兄のように慕う9つ年上のベテランを訪問。長谷部は、アレが明かした日本への率直な感想に感動さえ覚えたようだ。日本食レストランのカウンターで撮影された2ショット写真を公開し、以下の文章を添えている。

Nice to see you in Japan(日本で会えて嬉しいよ)
#japan
#tokyo
#チームメイトが
#日本旅行に
#日本を大絶賛
#清潔さ
#規律
#サービス
#日本人の親切さ
#日本人として凄く嬉しい気持ち
#arigato

 この投稿を受けてアレ自身は、「Arigato boss!(ありがとうボス!)」とのメッセージを寄せ、インスタグラム「ストーリー」で長谷部との別角度の2ショットを掲載。「With the Japanese president!(日本の大統領とともに!)」と記し、敬愛ぶりを示した。

 2018-19シーズン、守備の要としてフル稼働した長谷部に対し、アレは前線の基準点としてブンデスリーガ、ヨーロッパリーグでの躍進に貢献。公式戦40試合で20得点を叩き出した上昇株で、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』によれば、いまやその推定市場価格は4000万ユーロ(約52億円)に達する。

 遠く日本で来季のさらなる躍進を誓い合ったふたり。すっかり親日家となった様子の「アレ」のハイパフォーマンスに期待だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/17(月) 5:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事