ここから本文です

実際に2000万円貯めている家庭の給与明細をのぞき見

6/17(月) 21:01配信

ESSE-online

老後の生活費が2000万円不足するという金融庁の報告書がニュースになっています。

途方もない数字のように感じますが、実際に貯めている人はどのような家計なのでしょうか?
ここでは2000万円の貯蓄に成功したESSE読者・木村さん(仮名)の給与明細を入手。ファイナンシャルプランナー・畠中雅子さんの監修のもと、給与明細をチェックしてみました。

2000万円貯めている人の給与明細。家計簿を照らし合わせて収支を確認

「給与明細をきちんと確認しない人は意外と多いはず。そこが貯まる人と貯まらない人の差です」と話す畠中さん。
今回紹介する木村さんは、毎月、給与明細の振込額と家計簿の支出合計を照らし合わせてチェックしていました。

●木村百合さん(仮名・31歳)のプロフィール

夫(33歳)、長女(1歳)の3人家族。結婚3年目。住まいはもち家一戸建て。現在、育休中。今回見せてもらった給与明細は夫のものです。

【MONEY DATA】

・月収 夫 20万円/妻 15万円(育休手当)
・ボーナス 夫 70~100万円
・世帯年収 490~520万円
・月貯蓄額 10万円
・年間貯蓄額 150万円
・総貯蓄額 2000万円
・貯蓄の目的 住宅ローンの繰り上げ返済や教育資金など

【給与明細】

<支給>
基本給 ¥200,800
家族手当 ¥3,500
住宅手当 ¥18,000
食事手当 ¥5,500
調整手当 ¥21,000 
年末年始手当 ¥12,000
皆勤手当 ¥10,000
当直手当 ¥33,000
超勤手当 ¥3,264

<控除>
健康保険料 ¥11,830
厚生年金保険料 ¥23,790
雇用保険料 ¥921
所得税 ¥5,670
食費 ¥6,000
その他控除 ¥43,333 

総支給金額 ¥307,064
控除合計額 ¥91,544
差引支給額 ¥215,520

「その月使ったお金の合計が、その月稼いだお金の金額内なら黒字ということ。給与内でやりくり額を設定しているので、基本的にはオーバーすることはありませんが、収支がプラスになっていると達成感を味わえます」(木村さん)

給与明細の確認でやりくりのモチベーションがアップしている好例です。

●<畠中さんのアドバイスその1>1割を夫こづかいにして働く意欲をアップ

「調整手当」とは、会社の業績への貢献度を査定してつく手当。「夫が仕事をがんばった成果」といえるものなので、手当の1割を夫のこづかいにプラスするのもおすすめです。

●<畠中さんのアドバイスその2>立て替え金は返済額を増やして早めに完済

会社に立て替えてもらった夫の学費を返済中だそう。この先、子どもの教育費がかかるようになったときなど、やりくりに苦労する可能性があるので、利息がない場合でも早めの完済を。

給与明細をチェックしていると、家族のライフプランもおのずと見えてくるように。子どもの学費や老後資金。将来も見据えた資金計画を立てられるようになると安心ですね。

※月収、ボーナス、世帯年収はいずれもおおよその手取りです。また月収は平均的な月の金額に基づきます。

<イラスト/二木ちかこ 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【畠中雅子さん 】
ファイナンシャルプランナー。新聞、雑誌、テレビで活躍。家計や教育資金についての講演や金融機関へのアドバイス業務なども行う。著書に『ラクに楽しくお金を貯めている私の「貯金簿」』(ぱる出版刊)など

最終更新:6/17(月) 21:01
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事