ここから本文です

「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

6/17(月) 10:25配信

ニューズウィーク日本版

周さんも身の危険が迫ったら香港から逃げる?

――周さん個人は最近、大陸から来た中国人にどういう感情を持っていますか?

中国人と中国の政権は別な存在だと思います。私にとって、中国に住んでいる人たちも中国の政権から弾圧されている人たち。生まれた時から権利は何なのか、自由は何なのか、自分の意見を言うことがどれぐらい重要なのかを知らない人たちです。こういう人たちにも民主主義や自由の重要さを知ってもらいたい。

――中国と香港の関係は複雑だ。香港のほうが中国の安い労働力で発展してきた時期もあれば、今は中国の経済力が香港を上回るようになって、中国が威圧的になっている。中国からの観光客の程度の低い行動が問題になったこともあった。

例えば、中国から来た観光客が電車の中でトイレをする、といったよくない行為をするのには納得できない。香港の人が中国の人によくない印象を持っているのは、それが原因の1つと思います。ただし、中国人と中国共産党政権とは別。

――今月20日に犯人引き渡し条例の改正案が審議され、このまま押し切られると可決されてしまう。

でも立法会の審議は(デモの影響で)キャンセルされた。審議をするための会議が開けるのか、私は疑問です。

――無理やり開けば可決されてしまう。

そうですね。

――万一そうなった時、次にどうするのか。

今はこの運動に集中したい。これが可決されてしまうとヤバいです。

――香港から逃げ出す人たちが増えている。

ドイツ政府も香港からの政治難民を2人受け入れました。

――周さんも万一、身の危険が迫ったら同じような行動を?

今はない。今は戦いたい。その時になったらどういう気持ちになるのか予想できない。残りたいです。香港に対する責任感があるから。

法案が可決されたら、香港イコール中国です。香港のメリット、香港のよさがなくなってしまう。今回の改正を心から支持している人はあまりいない。普段、ビジネス界の人たちは自分の意見を言わないし、親中派が多い。今回は自分たちが一番危ないので反対している。

――確かに、今回のデモは若者だけじゃなくて年を取った人も参加している。

世代に関わらず参加しています。100万人は本当に歴史的。私も初めて100万人のデモに参加しました。

◇ ◇ ◇

香港特別自治区政府はインタビュー後の15日、逃亡犯条例の審議を延期することを発表した。しかし、周さんら民主派は審議の延期でなく、条例「改悪」案そのものの撤回と林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官および警察の責任追及、そして逮捕者の解放を求めている。

※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

長岡義博(本誌編集長)

3/3ページ

最終更新:6/17(月) 13:59
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事