ここから本文です

シミ、ムレ、ニオイ……夏の「下着事変」、女性の約8割が経験アリ!?

6/17(月) 17:01配信

Suits-woman.jp

これからの季節、汗やニオイとともに気になるのが“湿り気”問題。ショーツのムレやニオイトラブルが増えてきます……。

日本製紙クレシア株式会社は、女性たちが着用中の下着(ショーツ)に関する、ムレやニオイなどのトラブルを「下着事変」と命名。20~40代の働く女性500名を対象に、夏に起こりがちなショーツに関する悩みや失敗談についてアンケート調査を行ない、「下着事変」の実態を探っています。

夏に「下着事変」を経験したことがありますか?

まず、これまでに「下着事変」(着用中のショーツに関するトラブル)を経験したことがあるかを質問したところ、実に84%が「ある」と回答!
具体的にどのような「下着事変」を経験したかを聞くと、「シミ」(82%)、「ムレ」(77%)、「ニオイ」(63%)がトップ3となりました。

さらに、「夏はムレやニオイなどの『下着事変』が起きやすいと思いますか?」という質問では、約9割(87%)が「そう思う」と答える結果に。また、実際に「夏に『下着事変』を経験したことがある」人も全体の約8割(78%)にのぼりました。
ほとんどの女性が不快感を感じたことがあるようです……。汗をかきやすく、気温が高いことでショーツにも熱がこもりやすい夏は、「下着事変」が起こりやすい季節であることがわかります。

夏はショーツの“湿り気”による不快感がアップしやすいと思いますか?

汗やムレが気になりやすい夏は、「ショーツの“湿り気”が気になりやすい」と感じる人は82%に。また、同時に「ショーツの“湿り気”による不快感がアップしやすい」と答えた女性も84%にのぼっています。

また、こうしたショーツの“湿り気”は仕事にも影響を及ぼしてしまう様子。これまでにショーツの“湿り気”が気になったことのある女性(430名)に、「ショーツの“湿り気”による不快感で、仕事の集中力は何割低下すると思いますか?」と聞いたところ、平均は「4割」減という結果になりました。ショーツの状態が、仕事の効率をも大きく左右してしまうことがわかりました。

さらに、実際にショーツの“湿り気”を感じたときの様子を聞くと以下のような声が。

「夏の暑いときに汗で不快に感じた」(35歳)
「疲れている時や生理前はおりもので湿ってしまうことがある」(37歳)
「生理かと思ったがそうではなく、汗なのか、おりものなのか、尿なのか原因がわからなかった」(29歳)

このように、理由のわからない“湿り気”を感じることもあるようです。

続いて、「ショーツの“湿り気”トラブルについて、日常的に十分な対策ができていますか?」と聞くと、「十分に対策ができている」と答えた人はわずか1割台(16%)という結果に。残り多くの女性は、「対策はしているが十分ではない」(47%)、「対策ができていない」(38%)のが実態のようです。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 17:01
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事