ここから本文です

【動画あり・玄人好みの新CB】CBR650R vs CB650R 試乗比較インプレッション #02[CB編]

6/17(月) 17:30配信

WEBヤングマシン

兄貴分のCB1000R同様、スポーツライドを求めてくる!

プラットフォーム戦略なるバイク造りが流行っている。エンジンや車体の基部を共有化し、ネイキッドやフルカウルといったマシンを作り分ける手法だ。でも本当に作り分けられているの? そのキャラクターは!? CBR650Rと車体とエンジンを共通しながらも、バーハンドル化されたネイキッドタイプのCB650R。乗り比べてみると、丸山氏も驚くほどの違いがあった。CBには驚きのキャラクターが隠されていたのだ!

【写真をまとめて見る】

●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓

[丸山 浩]CB650R試乗:同じエンジンなのに、不思議と元気に感じる

フルカウルスポーツのCBR650RからネイキッドタイプのCB650Rに乗り換えてみて感じたのは、“いったいこのバイクはダレがドコでナニに使うためバイクなのか?”。そんな疑問をいきなり突きつけられるような過激さだ。それくらいターゲットが限定的というか、ベテラン好みの味付けなのだ。

誤解がないように説明していこう。昔風の“CB”感のような味わいを出したかったのなら、もう少しエンジンのクランクマスを増やすなどして、ドロドロと回る、もう少しおとなしくて、味のある直4エンジンを目指すのがこれまでの流れだったと思う。しかし、CBR650Rとエンジンを共通にしているので、おそらくホンダの狙いはそこにない。吸気系の変更でキャラクター分けはしてはいるものの、今回のモデルチェンジで言えば、この二つのモデルのエンジンはどちらかというと、CBR650Rのために作られたエンジンであるように感じるのだ。

この直4らしい高揚感のあるエンジンでネイキッドタイプのモデルを作ろうとすると、スーパースポーツ譲りの元気なエンジンを搭載したストリートファイター的なキャラクターがハマるだろう。とは言え、この丸目ヘッドライトのCB650Rのターゲットとなるユーザーが、そこまで元気に走るか? ということを考えると、“ならばCBRの方でいいじゃないか?”というふうに思えてしまうのだ。

乗っていると感じるのは、CB650Rは、マシンがスポーツライドを求めてくる――そんな雰囲気がある。若干低く構えたバーハンドルのポジションで、剛性感の高い倒立フォークに荷重をかけて積極的にマシンを操る。決して強要はされないものの、自然とバイクの方がそういう乗り方を求めてくる感じだ。だから、乗っているとついつい熱くなってくる。ゆえにベテラン向きという乗り手を選ぶようなモデルに位置づけられそうなのだ。どちらかと言うと何でもできるオールマイティなバイクではなく、アグレッシブなキャラクターが見てとれた。

だからロングツーリングのような使い方よりも、日帰り300kmぐらいの距離を集中して瞬間的に楽しむというのがこのCB650Rというバイクの楽しい使い方だろう。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 17:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事