ここから本文です

「日本、辛うじて」「後半は眠り込んだ」なでしこのスコットランド戦勝利を、仏紙はどう見たか?【現地発】

6/17(月) 6:12配信

SOCCER DIGEST Web

解説者の絶賛が続く裏で、スタジオでは意見が二分

 フランスで開催中の女子ワールドカップのグループリーグ第2戦。初戦をアルゼンチン相手にドローとしていたなでしこジャパンは、スコットランドを2-1で下した。この結果に対して、開催国フランスのメディアからは、絶賛と苦言の両方が噴出している。

岩渕真奈、熊谷紗希、清水梨紗、長谷川唯…お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!

 当日の中継を担当したテレビ局『Canal+Sport』では、初戦アルゼンチン戦に続き、元選手のカンディス・プレヴォさんが解説を担当した。

 プレヴォさんは日本チームに詳しく、「立ち上がりから存在感を出していますね。ナデシコは試合を支配する力をもっています。テクニックがあり、果敢に動き、素早くプレーできるんです」と説明。

 やがて日本が試合を支配し始めると、「細かいショートパスをスピーディーにつなぐパスサッカーが日本のスタイルです。(大会)初ゴールさえ決めれば、解放されると思います」と予言する場面もあった。

 ただ、「かつて見せていたオートマティズムに比べると、まだ別モノとも感じられます」とも指摘しており、「スコットランドは初出場ですから、(スコットランドに)自信を与えてしまえば、一気に日本を圧倒する可能性もあります。今の試合展開では、ちょっと自信を与えてしまっていますね」と懸念も漏らしていた。


 そんな空気が変わったのは23分の岩渕のゴールだ。「やりました! 岩渕です! きましたねえ。日本に笑顔が出ました! いい仕事でした。美しいシュートです!」の声が、会場の「ニッポン、ニッポン!」の声援とともに響き渡った。

「フィジカルではスコットランドが強いと思いがちですが、いまのところ日本がデュエルに勝っていて、スコットランドは徐々に疲れ始めています」

「スガサワ(菅澤優衣香)がPKを獲得しましたが、2011年にはサキ(熊谷紗希)がPK戦の最後を決めたんです。ここはサキがいい気がしますが、スガサワも素晴らしい! 動揺ひとつ見せませんでした! 最初のゴールから、日本は解き放たれましたね!」

 後半もプレヴォさんの解説は詳しく、「日本は対戦相手のビデオ解析で素晴らしい仕事をします。きっとイングランドが相手の第3戦でもしっかり分析してきますよ」と続けた。スコットランドが最初の「反乱」を試みた際も、「スコットランドにとっては今しかない。でも日本はあっという間に鎮めてしまうんですけどね」と笑った。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 6:12
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事