ここから本文です

【ボクシング】「圧倒してKOしたい」(京口) 京口vs.ナコーン 予備検診

6/17(月) 18:54配信

ベースボール・マガジン社WEB

 19日(水)、千葉・幕張メッセ イベントホールで開催されるWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦、チャンピオン京口紘人(25歳=ワタナベ)対10位タナワット・ナコーン(26歳=タイ)の予備検診が17日、東京都内のワタナベジムで行われた。

「過去最高の状態をキープしたい」(井岡) 試合まであと2日。井岡vs.パリクテ予備検診

 検診結果は下記のとおり。

京口紘人
身長    161.8cm
頸周    38.5cm
胸囲    92.5cm
視力    左0.5 右0.5
上肢リーチ 163.0cm
ナックル  左26.2cm 右27.0cm
血圧    142/81 mm/Hg
脈拍    82 /min
体温    36.9℃

タナワット・ナコーン
身長    163.5cm
頸周    35.5cm
胸囲    83.0cm
視力    左1.5 右2.0
上肢リーチ 162.0cm
ナックル  左25.7cm 右26.4cm
血圧    121/79 mm/Hg
脈拍    58 /min
体温    36.4℃

両選手のコメントは次のとおり。

京口紘人選手の話

「順調に仕上がっている。リミットまで、あと1.2kg。今日水抜きをして明日に備える。
試合を早くしたい。
首周りは前回より2cmほど大きくなってる。
相手はそれほど長身じゃないし、戦いやすいと思う。
数字で戦うわけじゃないけど、数値どおり、パワー差を見せられれば。

リングの上に立てば相手も変わると思うので、いまの印象はあてにならない。

相手の良さを出させずに、最後は圧倒してKOで勝ちたい」

タナワット・ナコーン選手の話

「試合が近づいてきて、とても興奮している。
調子が良いので、それをキープしている。
ウェイトもあと1ポンド(約450g)で、とてもいい状態。
メディカルチェックの体の数値ではキョウグチが大きいが、
彼の脈拍数が多いので、イーブンだと思う。
彼はパワーはあるだろうが、それはボクシングのスタイルでカバーできるし、コントロールできると思う。
試合がとても楽しみ。
ベストの試合をお見せしたい。みなさんにエキサイティングな試合をお届けしたい」

取材&写真_本間 暁

ボクシング・マガジン編集部

最終更新:6/17(月) 18:54
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事