ここから本文です

ブラマヨ吉田が最愛の祖母の衝撃エピソードを語る「性的なことかと…」

6/17(月) 12:00配信

BEST TIMES

ブラックマヨネーズ・吉田敬がその“黒さ”を筆にのせ、猛毒を吐く新刊エッセイ『黒いマヨネーズ』が話題だ。鋭い社会への提言あり。どうしようもない人間への愛あり。激しい自己嫌悪あり。とかく世知辛い世を生きる現代人は共感しきりの内容なのだ。インタビューを前後編でお届けする。電車に飛び込みそうになるぐらい病んでいたときに思い出したおばあちゃんの優しさ。<後編>

この記事の写真はこちら

■おばあちゃんからもらった優しさ

――この本の中で3つ選べと言われたら、奥様のニンテンドースイッチの話、お父さんのギャンブルの話、あと冒頭のおばあさんの話と、全部“家族”にまつわるもの。とくにおばあさんのところの一節で「僕の中にあるわずかであるがきっと枯れることのない優しい部分はおばあちゃんがくれた」という一文にぐっときました。冒頭にこのお話を持ってきた理由はなんだったんでしょう。

吉田 確か連載での第一話だったんです。最初はやっぱり自己紹介的なところからはじめようと。僕のルーツの話をすると、中1までばあちゃんとこにいました。だから「それ書いとかんとはじまらへんな俺」っていう部分だと思いますね。

――それぐらいおばあさんの存在は大きかった。

吉田 25、6ぐらいの時に、もー病んでたんですよ。売れへんし。周りは売れてくし。その時にふと「あ、ばあちゃんの墓参り俺行ってないな」と思って、行ったらポーンって軽くなった。そして「ああ、俺ってばあちゃんに愛されてたな」っていうの思い出したんです。当時、駅とかで電車待ってても、飛び込みそうになったりするぐらい。とにかく病んでたんですよ。でも墓参りに行って救われた。あの時にばあちゃんの墓参り行ってなかったら僕ヤバかったなと思います。

 ――そんな過去があったのですね。本では一番最初にこのおばあさんのいい話がくるので、その後いくら吉田さんが黒いことを言っても共感しかないというか…

吉田 気持ちの順番として書いたらそうなったって感じですかね。

1/3ページ

最終更新:6/17(月) 12:00
BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事