ここから本文です

「TPPなど関知しない」トランプに組み伏せられた安倍外交

6/17(月) 23:00配信

BEST TIMES

 ◆従属を自立と混同した国

 最近、わが国では「上級国民」という言葉が流行っています。

 まだ明確な定義はないようですが、「さまざまな特権を享受できるうえ、一般の国民に負担や犠牲を強いても文句をつけられないエリート層」の意味で使われる場合がほとんど。

この記事の写真はこちら

 裏を返せば、一般の国民が「上級国民」に逆らうことはできません。

 思えば当然の話。

 日本という国そのものが、ある「上級国家」に逆らえないまま、えんえんと従属を続けているのです。

 つまりアメリカ。

 

 拙著『平和主義は貧困への道』で詳細に論じましたが、戦後のわが国はアメリカの「極東現地妻」と呼ばれても仕方のない存在です。

 平和主義のせいで、自分の身を守る意思も能力もないまま、アメリカに従属することで存立と安全を確保しているのですから。

 

 ただし日本も、かつては「アメリカにとりあえず従うふりをしつつ、自分の利益をしっかり確保、長期的には対米自立をめざす」という、二段構えの姿勢を見せていました。

 現地妻は現地妻ですが、なかなかにしたたかだったのです。

 ところが1980年代あたりを境にして、

 「ご主人様にとことん尽くすことこそ、私が真に自立する道!」

 というワケワカな思い込みに陥る。

 

 くだんの思い込みを、ふつう「対米協調路線」とか「日米同盟重視の姿勢」とか申します。

 

 旦那のアメリカにとって、こんな都合のいい話はない。

 現地妻たる日本にあれこれ勝手な要求を突きつけ、苦しめておいたうえで、こう言って恩に着せればいいのです。

 「オレのワガママに耐えることで、お前は強くなって自立できるんだ! 愛していればこそ、オレはこうするんだよ! な、ありがたいだろ?」

 すると現地妻は、世間様、つまり国際社会に向けて、旦那との揺るぎない絆をアピールできた気になる・・・

 

 「大国はみなヤクザのように振る舞い、小国はみな娼婦のように振る舞う」とは、映画監督スタンリー・キューブリックの名言。

 だとしても、大国の現地妻に徹することを自立の道と錯覚する国が出てくるとは、キューブリックも想像できなかったでしょう。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 13:03
BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMESの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ