ここから本文です

モー娘。ライブの舞台裏 YOSHIKO先生が語る演出とパフォーマンスの関係性

6/17(月) 18:02配信

Rolling Stone Japan

20周年イヤーを駆け抜けてきたモーニング娘。’19が、令和初となるシングル「人生Blues / 青春Night」をリリースした。Rolling Stone Japan vol.06に掲載された特集「スタッフとメンバーが初めて明かすモーニング娘。’19ライブの舞台裏」の中から、今回は演出(振付)担当・ YOSHIKO先生の記事をお届けする。

近年、モーニング娘。の多くの楽曲の振付を担当しているYOSHIKO先生。彼女たちが再評価されるきっかけとなったフォーメーションダンスの生みの親でもある。ステージ上での笑顔の裏に隠れたモーニング娘。メンバーの努力や、彼女たちのステージに賭ける思いを証言した。そこから見えてくるのは、彼女たちの想像を絶するプロ根性だった。

サプライズを意識したステージング

ー昨年の武道館公演で、「Only you」の曲中で飯窪さんへのサプライズがありました。あれはYOSHIKO先生が昨年の春から企んでいたことだそうですね。

YOSHIKO あはは! そうですね。これまでのコンサートでは他の先生と一緒だったり、シングル曲とかアルバム曲をいくつか担当したり、わりとサポート的な立ち位置だったのが、工藤が卒業するツアーから私一人で振りを担当することになったんですよ。そのツアーは、工藤の好きな曲が並んだ意味のあるセットリストになってたので、「じゃあ、卒業公演ではサプライズでこれをやろう」って考えながらステージングを組んだんです。なので、飯窪のときも彼女が卒業することを聞いたときからサプライズをするつもりでステージングをすべて作ってて、メンバーも工藤のことがあってわかってるから、「今回は何を企んでるんですか?」って早くから聞いてきたんですよ。そんなときにたまたま飯窪抜きの歌収録があって、そのためのリハーサルスタジオを用意していただいたことがあったんですけど、そのリハが早く終わって。それで「じゃあ、ここでサプライズの練習しよう!」と思って、「実はこういうことを考えてるんだけど、このシーンは元々サプライズでこういうことがやりたくこういうポジションにしてたんだよね」っていう話をしたら、みんな「なーるほどーっ!」って。

ーあはは!

YOSHIKO いつもそうなんですけど、当日だとサプライズの内容を伝えるのが難しいんですよ。そもそも本人がそこにいるし、記念撮影をしたりバタバタしてるから、そのリハのときに「当日は何も言わないから絶対に覚えといて!」ってみんなと約束をして、当日は「みんな、わかってるよね……?」って目だけで合図して、最終的にああなったって感じですね。不思議なんですけど、メンバーもしっかり忘れないで、本番で全員がピタッと合うからそれがすごいなと。テンションが上がったら忘れちゃうじゃないですか。だから「みんな偉いな」って思いながら観てました(笑)。

1/3ページ

最終更新:6/17(月) 18:02
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事