ここから本文です

【識者に訊くコパ・アメリカの予想布陣】中島と久保の2シャドーに、左利きの三好が連動できれば面白い

6/17(月) 15:33配信

SOCCER DIGEST Web

冨安はリーダーシップという部分での成長を見せてほしい。

 A代表だが、東京五輪世代が多いために3バックが基本になると思われる。
 
 GKは、大迫敬介で決まりだろう。来年の東京五輪を考えるとGKの成長が必須になる。フィールドプレーヤーと比較して、この世代のGKは試合に出場するチャンスが少なく、国際経験も少ない。大迫は広島でレギュラーであるし、コパ・アメリカで試合に出ることで国際経験も積める。全試合出場する気持ちでゴールを守ってほしい。
 
 3人のセンターバックは、左に板倉滉、中央に冨安健洋、右に岩田智雄。岩田は大分躍進の一翼に担う守備陣のひとりで3バックにも慣れている。センターバックでありながら攻撃力が高く、スピードがあるので対人能力も高い。大分と同じポジションで世界相手にどのくらいできるか。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 冨安は、この世代ではDFの中心というよりもチームのリーダーになるべき存在。攻守での貢献はもちろん、リーダーシップという部分での成長を見せてほしい。
 
 板倉は今年マンチェスター・Cに完全移籍したがレンタル先のフローニンヘンで試合に出場できていない。試合勘がなく、難しい状態だが元々能力が高い選手。現状でどのくらいやれるのか、森保一監督が見極めるための招集と思われるので、必ず起用するはず。試合に出れなかった鬱憤を晴らすプレーを見せてほしい。
 
 ボランチは、柴崎岳が軸になり、中山雄太と松本奏志の併用になるだろう。
 
 柴崎についてはあえて述べる必要はないが、若いチームをどう引っ張るのか。柴崎のハンドル捌きが楽しみだ。
 
 中山は1月にオランダのズヴォーレに移籍し、4試合の出場に終わっている。板倉と同じく試合勘の問題があるがU-20W杯で冨安とセンターバックを組み、ベスト16進出に貢献した質の高い選手。ゲームメイクをする柴崎の隣でA代表の常連になっている遠藤航のように守備を請け負うボランチとして活きるだろう。

トップはスピードのある前田がベストだ。

 左のウイングバックは杉岡大暉。フィジカルの強さを活かした迫力ある攻撃、精度の高いキック、ドリブルを含めた前への推進力が魅力だ。昨年のルヴァン杯決勝で決めたゴールなど「ここぞ」という時に決める決定力もある。元々センターバックなので粘り強い守備に加え、対空、対人にも強い。東京五輪チームのレギュラー候補のひとりとして強力な南米のチームを相手に“違い”を見せてほしい。
 
 右ウイングバックには三好康児を入れた。サイドハーフ、トップ下の選手ではあるが、左利きで高い技術を持ち、運動量も豊富だ。槍のように上下動するだけではなく、サイドで起点になれる選手。南米の強豪相手に高いポジションを取れるか微妙だが、杉岡が若干下に落ち、三好を高めにして変則的な3バックで戦えれば戦術的な幅が広がり、森保監督が求める「どんな相手にも対応する力」を発揮することができるだろう。
 
 前線の3枚は、右シャドーに久保健英、左シャドーに中島翔哉、1トップに前田大然だ。

 久保は左利きなので、デビュー戦のエルサルバドル戦で見られたように右サイドに流れることが多く、そのポジションでのプレーがやりやすいように見えた。縦への突破、カットインして中に入ってシュート、あるいはラストパスなど選択肢が多く、そこに三好が攻撃に絡めば同じ左利き同士、連係して打開する局面を作ってくれそうだ。荒い守備の南米相手にどのくらいやれるのか、楽しみだ。
 
 中島は単独で突破ができるし、連係でも良さを発揮できるタイプ。連係するパートナーとしては大迫タイプが理想で、招集された3人のFWの中ではスタイル的に上田綺世が近い。だが、上田のポストを含めたプレーが南米のハードなディフェンスにどれだけ通用するのかは未知数だ。であれば、ゼロトップという構想もあるが、その時は中島がキーマンになるだろう。
 
 トップはスピードのある前田大然がベスト。強豪相手にボールを保持することは難しく、相手に持たれている中でいかにゴールに直結するプレーを生み出せるか。思い出されるのがロンドン五輪での日本代表の戦いだ。永井謙祐を1トップに置き、清武弘嗣が絶妙なパスを出すことで得点を重ねた。このホットラインが4位という結果を導いたひとつの要因になった。今回も久保から前田へのラインがつながればチャンスは生まれる。ただ、不安なのは前田が永井ほどの決定力があるかという点だ。久保がいれば必ずいいパスが出てくるはずなので、あとは前田次第ということになるだろう。
 
取材・文●佐藤俊(スポーツライター)

最終更新:6/17(月) 17:01
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事