ここから本文です

井上尚弥はPFP最強か議論 米リング誌編集長が“慎重派”に説教「何年仕事やってる」

6/17(月) 8:13配信

THE ANSWER

リング誌の討論番組で激論、編集長「ボクシングファンの話題の男だよ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたIBF&WBA王者・井上尚弥(大橋)。「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「リング」電子版は「ザ・リング・レポート」という討論番組で「イノウエはパウンド・フォー・パウンドなのか?」とのテーマで話題を展開。ダグ・フィッシャー編集長ら識者が激論を交わしている。

【画像】井上尚弥が米リング誌の表紙を飾っていた! 日本人ボクサー初の快挙となる単独カバー写真の実物

 グラスゴーの衝撃はボクシング界で未だ冷めやらぬ様子だ。リング誌がスタートしたウェブ番組「ザ・リング・レポート」最新版でも井上の259秒KOが話題となった。ボクシング戦などの実況を務める司会者のベト・デュラン氏はアンソニー・ジョシュア―アンディ・ルイスのヘビー級タイトル戦の話題で盛り上がるフィッシャー氏と格闘専門メディア「ファイトハブTV」の創始者マルコ・ビレガス氏に、井上が仁王立ちする表紙のリング誌を持ち出すと「ヘビー級の話をやめて、この男はどうだい?」と提案した。

 すると、ビレガス氏は「イノウエだ!」、フィッシャー編集長は「オーマイガー! モンスターじゃないか!」とハイテンション。「どう発音すればいい?」という司会者の質問に、編集長は「ナ・オ・ヤ、イノウエだ」と説明した。「間違った読みをしたくないんだ」と井上への敬意を示す司会者に「“モンスター”で大丈夫だ。ボクシングファンなら誰のことを話しているのか分かるよ」と補足。そして、議題に挙がったのは“モンスター最強説”だった。

「モンスターと呼ぶのは恐ろしいけど、この男はヤバイぞ。初めて見たけど、2ラウンドで相手を破壊していた。彼がPFPでNo.1じゃないのか?」と司会者が話題を振った。フィッシャー編集長は「おそらくね」としながら「だが、世界5傑だ」と力説。「リング誌では現在4位だ。1位はロマチェンコ、2位がクロフォード、3位がカネロ・アルバレス、4位がイノウエ。5位がウシクだ」と同誌PFPを紹介しながら、個人としては井上の実力を認めている様子だ。

1/2ページ

最終更新:8/3(土) 1:43
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事