ここから本文です

大谷翔平同僚、右翼からの150キロ超“キャノン送球”に喝采 「凄い才能の持ち主だ」

6/17(月) 19:33配信

THE ANSWER

エンゼルス右翼手グッドウィンの超送球が話題

 米大リーグ、エンゼルスの右翼手ブライアン・グッドウィンが豪快なレーザービームで沸かせた。右翼から150キロ超の送球で三塁走者を刺すシーンを、チームが公式インスタグラムに動画付きで公開。これぞメジャーというべき鬼肩にファンからは「なんてキャノンだ」「超ヤバい!!」などと拍手が送られている。

【動画】「凄い才能だ」「超ヤバい!!」などと米ファン喝采、グッドウィンが右翼から150キロ超の“キャノン送球”を披露する実際のシーン

 マルチ安打を記録した大谷のチームメートが、肩で魅せた。エンゼルスが1点を追う3回1死三塁。トミー・パームの打球は右翼へ飛んだ。タッチアップには十分な飛距離だ。グッドウィンは定位置から前進し、助走をつけながらキャッチ、そして強肩を発動した。

 右腕から放たれたボールは捕手のミットにストライクで収まるノーバウンド送球。本塁を狙ったオースティン・メドウズを悠々と仕留めたのだ。

 グッドウィンの見事なレーザービームを、エンゼルスは公式インスタグラムに「ブライアン・グッドウィンの時速94.2マイル(約151キロ)の送球」と題して動画付きで公開。ファンからは拍手が送られている。

「アップトンが戻ってきても、彼を先発させた方がいい」

「(ジャスティン・)アップトンが戻ってきても、彼を先発させた方がいい」
「いい送球だ、グッドウィン」
「なんてキャノンだ」
「凄い才能の持ち主だな」
「超ヤバい!!」
「すげぇ」

 などと称賛のコメントの一方で、「ダメな走塁だな」「遅すぎ(笑)」などと走者のメドウズへの厳しい声も少なくはなかった。

 グッドウィンが肩でチームを救い、追加点を許さなかったが、エンゼルスは結局1点及ばず敗れている。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/17(月) 20:37
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事