ここから本文です

洗って再利用できる5000円の粘着式レコードクリーナー。専用開発の特殊プリンゲル採用

6/17(月) 19:17配信

PHILE WEB

(株)中電は、CHUDENブランドの新製品として粘着式レコードクリーナー「CD-RCBK」の発売を開始した。価格は5000円(税抜)。

同社は中央電子工業から独立し1996年に設立。いまでは日本に数社しか残されていないMMカートリッジを生産する貴重なブランドである。同アイテムはそんな同社が手掛ける完全国産のローリング式のレコードクリーナーとなる。

粘着部を盤にあて、転がすことで粘着によりホコリを除去するというもの。素材はレコード専用に開発された特殊プリンゲルを採用。洗って何度でも使用できるようになっている。通常のクリーニング効果はもちろん、ブラシで浮き出たチリやホコリの最終除去手段としても活用できる。

季刊・analog編集部

最終更新:6/18(火) 17:30
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事