ここから本文です

日本代表、コパ初戦チリ戦「予想布陣」 久保はスタメン起用か、前線の組み合わせに注目

6/17(月) 11:01配信

Football ZONE web

森保監督はシステムを明言せずも、東京五輪世代で主としてきた3バックが濃厚か

 森保一監督率いる日本代表は現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でFIFAランキング16位のチリ代表と対戦する(エスタディオ・ド・モルンビー/現地20時・日本時間18日8時)。指揮官は大会2連覇中の王者に対し、果たしてどんなシステムで、誰を起用するのか。

【一覧】コパ・アメリカ2019「出場国&グループリーグ組み合わせ&日本代表メンバー23人」

 代表チームに選手の拘束権がない今回、森保監督は自身が兼任する東京五輪世代のチームから計18人を招集。A代表の主力であるMF柴崎岳(ヘタフェ)、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)に加え、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場したベテランのGK川島永嗣(ストラスブール)、FW岡崎慎司(レスター)を融合させた陣容を組んでいる。

 森保監督は2017年10月に東京五輪を目指す代表チームの指揮を執り始めてから、主に3バックをメインシステムとしてきた。コパ・アメリカ直前に行われた6月のキリンチャレンジカップ2試合では、3バックをテストしている。16日の前日会見で、指揮官は「システムに関しては…考えさせてください」と笑顔でかわし、4バックの可能性も匂わせたが、継続招集組のアジャスト、東京五輪世代が中心となる点を踏まえ、そしてチリ戦は相手にボールを握られる展開が予想されるだけに、5バックに可変する3-4-2-1システムで臨む形になりそうだ。

 GKは19歳の大迫敬介(サンフレッチェ広島)を起用か。W杯3大会連続出場と経験値で群を抜く川島の可能性もあるが、GK小島亨介(大分トリニータ)とともに、今季はリーグ戦での出場機会が極端に少ない。所属クラブでレギュラーを張り、最も実戦感覚が研ぎ澄まされている新鋭がA代表デビューを飾る可能性は高い。

 3バックはA代表で主力の冨安、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF板倉滉(フローニンゲン)が固い。3人とも身長186センチ以上を誇り、チリの攻撃をはね返すことが期待される。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 4:09
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事