ここから本文です

メンズコレドタバタ日記 ミラノ2日目は“気難しさ”解消の「ベッドフォード」に一安心 キーン・エトロ20年来の愛用品を知る

6/17(月) 23:00配信

WWD JAPAN.com

6月16日。本日も快晴。最高気温は、昨日より暑い31度の予想。昼は“食いっぱぐれる”可能性があるのでコレクション期間中、朝は毎日モリモリ食べます。今日もチーズにハムとイタリアンなタンパク質をメチャクチャ摂取して、朝イチは「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」にGO!です。

【画像】メンズコレドタバタ日記 ミラノ2日目は“気難しさ”解消の「ベッドフォード」に一安心 キーン・エトロ20年来の愛用品を知る

"10:20 「ベッドフォード」"

「ベッドフォード」2020年春夏ミラノ・メンズ・コレクションから

会場は、昨日の「マリアーノ(MAGLIANO)」の悪夢が蘇る(笑)、ミラノ・ファッション・ウィークの公式会場。とはいえ、さすがは日本ブランド。ベリースムーズな運営でストレスフリーで入場できました。サスガ!

コレクションも、ストレスフリーです。後輩オーツカに比べれば「ベッドフォード」観察歴は浅いのですが、以前感じていた“気難しさ”とか“突き詰めるあまり押し付けられているように思えちゃうプレッシャー”、“「コレ見たら、驚くでしょう?」と期待されている感”がどんどん薄れ、でも繊細な個性はそのままに、良いカンジに進化していると感じます。朝から気分爽快。パリでは会食の予定。初めてちゃんとお話を聞けるのが楽しみです。

"10:50 「サントーニ」"

お次は「サントーニ(SANTONI)」のプレゼンテーション。このブランド、数年前までは「クソ(おっと失礼!)」が付くくらい生真面目な靴ブランドでしたが、今はそこにユーモアが加わり、共感しちゃう商品が増えています。今回は、「サントーニ」と言えばのダブルモンクなのにエスパドリーユがいいカンジ!

プレゼンテーションでも、チェス盤のど真ん中にシューズがドン!というシュールな状況で延々おしゃべりする伊達男を見ると笑みがこぼれます。

"11:30 「エトロ」"

2020年春夏「エトロ」ミラノ・メンズ・コレクションから

お次は、ミラノメンズにカムバックの「エトロ(ETRO)」。アツい、アツすぎて火傷しそうなパッションを持つ、愉快なメンズのクリエイティブ・ディレクター、キーン・エトロ(Kean Etro)にインタビューするため、ちょっと早めに会場入りです。

1/4ページ

最終更新:6/19(水) 16:08
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ