ここから本文です

中日・笠原祥太郎 開幕左腕、間もなく復帰か/負傷組の現状

6/18(火) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 開幕投手を務めた左腕に笑顔が戻ってきた。3年目の笠原祥太郎が、5月28日に捕手を座らせて投球練習を再開。変化球を交えて32球を投げると「全然ダメでしたね」と言いながらも、明るい表情を見せた。

 大学時代から自覚があった不整脈の症状が出て、12連戦の初戦だった4月27日の阪神戦(ナゴヤドーム)で先発を回避。翌日に出場選手登録を抹消された。5月10日の精密検査で「発作性上室性頻拍」と診断された。

 プロ入り後もマウンドで何度か起きていた動悸。休めば収まるので「大丈夫」と思っていた。初めての治療。主治医の「根治できない場合、運動は勧められない」との言葉に最悪の事態も想定した。「実家が農業をやっているので、新潟に帰って農業をやろうかと思いました」。引退すらも覚悟した。

 幸い、名古屋市内の病院でのカテーテル治療は成功し、13日に退院した。「本当にホッとしました」。治療後、発作は一度も起きておらず、体もすぐに動かせるようになった。

 20日には第1子となる長女が誕生。「子どものためにも、1日も早く復帰したい」と思い描く。

 現在、チームの先発陣は阿知羅拓馬や清水達也ら、実績のない若手の踏ん張りでやり繰りしている状況だ。

 「きちんと結果を出さないといけないと思うので、リーグ戦再開のときに、一軍で投げられるようにしていきたい」

 選手生命の危機を乗り越えた左腕が、交流戦後をめどに、間もなく戦線に戻ってくる。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:6/18(火) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事