ここから本文です

周りから冷たい視線…結婚式お呼ばれのNGスタイル

6/18(火) 6:01配信

NIKKEI STYLE

《できる男のスタンダード講座》失敗から学ぶ正しいフォーマルの装い(上)

 「ジューン(6月)ブライド」という言葉から、6月は結婚式をイメージするシーズンです。結婚式はおめでたいながら、いざ招かれたりすると「何を着ればいいのかな」などと戸惑うことも多いイベントではないでしょうか。こういったおめでたいときに服装は特に大事です。「かっこいい」「オシャレ」も大事だし、「大人としてきちんと」「立場相応に」も大事ですよね。ところが、近年、服装全体のカジュアル化が進み、また結婚式のスタイルも多様化し、その「かっこいい」「オシャレ」+「大人としてきちんと」「立場相応」にするにはどうすればいいかが、一層わかりにくくなっています。そこで、今回は「ブライダルの参列スタイル」と「フォーマル」について、2回にわたって考えたいと思います。

【写真はこちらで】できる男のスタンダード講座 フォーマルの常識を知る

■残念この上ない? 参列者の服装の失敗例

 服装はどうして大事なのか。それは服装は自分の立場を表すとともに、相手や場面に対する気持ちが表れるからです。何より大切なのは、祝う気持ちとともに、結婚する人への敬意、ご家族への敬意、大事な式典への敬意を示すスタイルであることです。周囲から見てそれらを欠いているように見える服装では意味がありません。

 しかし「そういう気持ちはある」にもかかわらず、そう見えない失敗例もよくあります。代表的な例をあげますと、次の5つになります。

1.格式の高い場所で、やたらカラフル&ファッショナブルなオシャレ
2.実はカジュアルアイテムなのに知らずに着用
3.アニマル革、カジュアル革の小物使い
4.タキシード、いつでも着てよいと勘違い
5.ブラックスーツ、「ただの黒いスーツ」と勘違い

 このような失敗をしてしまうと、まず「かっこいい」「オシャレ」「大人としてきちんと」「立場相応」のいずれもかないません。ぜひ気をつけていただきたいと思います。念のため、一つずつ見ていきましょう。

■カラフル&ファッショナブルは場所と立場をわきまえて

失敗1.格式の高い場所で、やたらカラフル&ファッショナブルなオシャレ

 多様化の時代です。結婚式の会場も、バリエーション豊かになってきました。格式の高いホテルなどの荘厳な雰囲気の場所もあれば、カフェなどのアットホームな場所もあります。服装選択もそれに合わせて、柔軟になってきました。

 しかしながら、結婚式という式典の場であるという大切な意識を忘れて、自己中心的なオシャレをしてしまうと失敗します。特にカラフル、ファッショナブルな方向性は要注意です。例えば、スーツ、ネクタイ、シャツ、チーフなどに大きな柄や派手な色を使うと、「やり過ぎ」の印象だけでなく、「失礼」になるときがあります。

 ウインドーペンなどのチェックや太いストライプなど大きな柄は「カジュアル」に分類されます。もともとカジュアル指定の式であれば問題ありませんが、通常の感覚ですと結婚式に着ていくのは失礼です。

 もう一つ、結婚式は新郎新婦が主役です。参列者は主役を引き立てることを考える必要があります。ですから、新郎新婦より目立つ格好になってしまうと、「場を読めない」印象になります。主役を引き立てる心遣いがなければ「大人」とはいえません。そういった意味では、新郎新婦の色である「白」をスーツに用いてはいけません。(参列者の女性のドレスも白はタブーです)

 フォーマルでは靴は黒。かなりカジュアルなコーディネートでない限り、茶靴はダメです。そして穴をあけた装飾がある「ブローグ」もきちんとしたフォーマルシーンには向きません。
また、一時期「くるぶし見せ」が流行ったせいか、結婚式までそれで参列する人も見かけました。これは「カジュアル指定」でも遠慮すべきです。海辺やプールサイドならまだしも、結婚式はご家族やご親戚なども参列する儀式的な場面ということを忘れるべきではありません。フォーマルでは靴下は目立たない黒を履くことが原則です。

 職場の同僚、先輩やリーダー、上司、という立場にあるならなおさらです。自分を招いてくれた当人だけでなく、新しくその人のパートナーになる人、新しく家族・親戚になる人、そして、もしかしたら遠からず縁がある人もその場にいるわけです。「場を読めない人」「場をわきまえる節度の無い人」という印象を与えてしまっては、自分だけでなく自分を招いてくれた人にも良いことはありません。「どういう場面か」「自分の立場としては何がふさわしいか」を忘れずにスタイルを決めてください。

 それに、本人ははやりだからかっこいいと思っていても、周囲の人、特に女性は冷静に男性の「大人度・洗練度」を見極めています。色々な女性の話をお聞きすると、「カラフル&ファッショナブル」はあまりうけていません。きちんとルールに沿ったシックな大人スタイルのほうが評価は高いですよ。

1/3ページ

最終更新:6/18(火) 6:01
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事