ここから本文です

オーディオテクニカの新MCカートリッジ「AT-OC9Xシリーズ」、6/21国内発売

6/18(火) 10:00配信

PHILE WEB

オーディオテクニカは、5月にドイツで開催されたHIGH END MUNICH 2019にて海外発表していたMC型カートリッジの新シリーズ「AT-OC9Xシリーズ」5機種とヘッドシェル3機種を、6月21日から国内発売すると発表した。

今回の新モデル群は、1987年の初号機発売から続く「AT-OC」シリーズの流れをくむ最新モデル。「徹底的に選び抜いた素材と異なる針先形状の組み合わせにより、入門モデルから最上位モデルまで音質や用途に合わせた5機種を用意した」とのことで、5機種すべてに磁気エネルギーを「飛躍的に高めた」というネオジムマグネットを採用している。

「AT-OC9XEB」「AT-OC9XEN」の2機種はカンチレバーにアルミ、磁気回路に純鉄ヨークを採用。「AT-OC9XML」「AT-OC9XSH」「AT-OC9XSL」の3機種は、カンチレバーにボロン、磁気回路には飽和磁束密度に秀でるというパーメンジュールヨークを採用している。

また、5機種ともにカートリッジのボディーの取り付け穴をネジ切りタイプとし、現在主流になっているヘッドシェル一体型のトーンアームへの取り付けが行いやすいよう配慮。トーンアームへの取り付け時にナットが不要となりネジのみで取りつけ可能にした。

そのほか、ハウジングには不要共振を抑制するアルミニウムを採用。またハウジング、コイルにはPCOCCをそれぞれ用いることで、雑味のないピュアなサウンド伝送を図ったとしている。

ヘッドシェルは、アルミニウム製ヘッドシェルに、硬質アルマイト処理を施すことで不要共振を抑制したモデル。上記「AT-OC9Xシリーズ」などのネジ切り穴タイプのカートリッジに適したモデルだとしている。

約13gの軽量タイプ、約15gの標準タイプ、約18gの重量タイプ、質量の異なる3種類をラインナップ。OFCリードワイヤーを採用するほか、緻密なオーバーハングとアジマス調整を叶えるという可動式シリンダーを採用する。

編集部:小野佳希

最終更新:6/18(火) 10:00
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事