ここから本文です

上位モデルより100万円安!ボルボV60PHVにベーシックグレード追加

6/18(火) 10:01配信

Auto Messe Web

プラグインハイブリッド車が身近な価格に

 ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムミッドサイズステーションワゴンV60のプラグインハイブリッドモデルT6 Twin Engine AWDに、ベースグレード「モメンタム」を追加した。これまでV60 T6 Twin Engine AWDは、上級グレードのインスクリプションのみの展開だったが、モメンタムはプラグインハイブリッドのラインアップのなかでもっとも価格を抑えたモデルとなる。

ボルボV60 T6 Twin Engine AWDモメンタムの充電口

 V60は同社が培ってきたワゴン作りのノウハウを注入することで、さまざまな目的に対応できる多用途性を備えた、まさにボルボの理想を形にしたワゴンである。実用的でありながら、北欧デザインならではのクオリティとセンスを随所に感じさせるのも大きな魅力と言える。

 パワーユニットは2リッター直4のガソリンターボと2タイプのプラグインハイブリッドを用意。なかでもプラグインハイブリッドモデルであるT6 Twin Engine AWDとT8 Twin Engine AWDは、2リッター直4ターボエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD(4輪駆動)車で、エンジンと電気モーターを連携させることで燃料消費量およびCO2排出量を大幅に低減することができるのをセールスポイントとしている。また、ふたつの動力源のコンビネーションによって、俊敏な加速やスムースな発進加速を実現するとともに、電気モーターによる優れた静粛性がプレミアムワゴンにふさわしい上質な走りを実現するのも見逃せないポイントだ。

 今回追加されたT6モメンタムは、最高出力186kW(253ps)、最大トルク350Nm(35.7kgm)のゆとりの動力性能を誇る2Lターボ+スーパーチャージャーエンジンに、65kW(87ps)/240Nm(24.5kgm)の電気モーターを組み合わせたがパワーユニットが搭載。40kmを超えるEV走行距離と高出力を両立し、期待通りのパフォーマンスと走る楽しさを味わわせてくれる。

 車両価格は上級に位置付けられるT6 Twin Engineインスクリプションよりも100万円安い659万円(税込み)と設定しているから、ボルボ製プラグインハイブリッドの魅力をさらに知らしめることになるだろう。

 パワーユニットの電動化は、これからの時代を担うキーテクノロジーであり、各社とも力を注いでいる。それゆえ、クルマ選びにおけるひとつの基準として外すことはできない。そうした観点からもV60のプラグインハイブリッドモデルにベーシックなグレードが追加されたことは、じつに歓迎すべきことだと言っていいだろう。

Auto Messe Web編集部

最終更新:6/18(火) 10:01
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ