ここから本文です

【RIZIN】RENAのMMA撤退に“待った”榊原CEOが「私は懲りずにまたオファーします」

6/18(火) 12:20配信

ゴング格闘技

 2019年6月14日(金・現地時間/日本時間15日)米国ニューヨーク州マジソンスクエアガーデンで開催された『Bellator 222』にシュートボクシング女子世界フライ級王者RENA(シーザージム)が参戦。

【写真】対戦したリンジーと握手を交わすRENA、これが最後のMMAとなってしまうのか

 初のケージマッチ。リンジー・ヴァンザント(アメリカ)に打撃でプレッシャーをかけていったRENAだが、テイクダウンを奪われて寝技に持ち込まれ、最後はリアネイキドチョーク(チョークスリーパー)で失神に追い込まれて敗れた。1R4分04秒だった。

 試合後、RENAは自身のSNSに「すみません。また同じ負け方しました」と、2017年大晦日『RIZIN』での浅倉カンナ戦と酷似した負け方をしたことをファンに謝り、「やっぱり私MMA向いてないわ。悲しませてごめんなさい…」とMMA(総合格闘技)からの撤退を匂わせるようなコメントを投稿。

 これに、現地にも訪れていた榊原信行RIZIN CEOは「RENA選手にとっては悔しい全米デビューとなりました。試合直後は結果を受け入れられずに軽いパニック状態にあったのではないかと思います。寝技に向いていないのではなく、ケージでの試合経験が絶対的に足りていないだけだと思います」と、試合直後だったためにあのような投稿をしてしまったのではと推測。さらに、向いている向いていないではなく、経験不足が敗因だとした。

 そして「私は懲りずにまたオファーしますね」と、RENAにMMA出場を今後も呼び掛けるとメッセージを送っていた。

 RENAはその後、一件のリツイートをしたのみでSNS、ブログなどに投稿はないが、ファンからは「応援し続けます」「自分にまで負けるな」「まずはゆっくり休んでください」など多くの応援コメントが寄せられている。

最終更新:6/18(火) 12:49
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ