ここから本文です

日本の伝統文様

6/18(火) 11:22配信

nippon.com

矢羽根文様の着物は、海老茶の袴と組み合わせた卒業式の人気スタイルだが、江戸時代には娘の嫁入りに親が持たせたそうだ。そこにはどんな思いが込められていたか分かりますか?

手ぬぐいや和風の小物に使われているおなじみの日本の伝統文様。名前や由来を知ると、縁起をかついだり、幸せへの願いを込めて使われてきたことがわかる。代表的な日本の伝統文様を紹介する。

*麻の葉
麻の葉の形を文様化。麻は生命力が強く、手を掛けなくてもまっすぐに大きく育つことから、成長の祈りをこめて赤ちゃんや子どもの着物に多用された。

*矢羽根 / 矢がすり
矢の上部に付けるタカやワシなどの鳥の羽根を意匠化したもの。「的を射る」矢は古くから、縁起の良い柄として使われてきた。江戸時代になると、射た矢は戻ってこないことから、嫁入りの際に矢羽根柄の着物を持たせると「出戻らない」と縁起をか担いだ。

1970年代後半に大ヒットした少女漫画「はいからさんが通る」の主人公・紅緒が女学生時代に着ていたことから、矢羽根の着物に海老茶色の袴(はかま)は現代でも卒業式の人気スタイルとなっている。

*鮫小紋
細かい点で円弧を重ねた模様が、鮫の肌に似ていることから名付けられた。8代将軍の徳川吉宗の生家である紀州徳川家が用いた柄。

*青海波(せいがいは)
大海原の波を扇形にパターン化。雅楽「青海波」が名前の由来とされ、青海波を舞う人はこの文様の衣装を身に付ける。「源氏物語」には、光源氏が青海波を舞う場面が描かれている。

*七宝(しっぽう)
円の円周を4分の1ずつ重ねることで、中央部は光る星のように、重なりの部分は花弁のように見える。子孫の繁栄、縁、円満を想起させる縁起柄。

*亀甲
長寿の象徴である亀の甲羅の形(六角形)に由来する縁起柄。単純に六角形をつなげたものから発展して、六角形の中に花をあしらった「亀甲花菱」、亀甲を3つ組み合わせた「毘沙門(びしゃもん)亀甲」などバリエーションが豊富。

*市松
色違いの正方形を交互に並べた柄。西欧のギンガムチェックに類似。織柄として古代から存在していたが、江戸中期の歌舞伎俳優の佐野川市松がこの文様の袴を愛用したことから「市松」の名がついた。

*立湧(たちわき/たてわき) 
蒸気がゆらゆらと立ち上る様子を2本の線で表している。平安時代には位の高い人の着物の柄として多用された。膨らんだ部分にあしらう文様によって、「雲立湧」「笹立湧」などのバリエーションがある。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 11:22
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ