ここから本文です

ここまでやる!!ナチュラル志向の“丁寧な暮らし”実践者がやってること

6/18(火) 12:09配信

Suits-woman.jp

暮らしナチュラリスト認定講師のうえきかおりさん

続いては、整理収納アドバイザー・暮らしナチュラリスト認定講師のうえきかおりさん。『暮らしナチュラリスト』は仙台発祥の資格で、東北・全国合わせてもまだ講師は4人。自然素材を使った楽しい暮らし方を伝える活動をしているそうです。

その暮らしへのこだわりやナチュラル志向になったきっかけなどを伺いました。

☆プロフィール
整理収納アドバイザー・暮らしナチュラリスト認定講師。『もっとお家を好きになる』をモットーに相談者の暮らしの悩みを解決している。仙台・宮城の地元TV、セミナー講師、小学校のゲストティチャーとして活躍中。 https://ameblo.jp/port-house-ueki/

ナチュラル志向になったきっかけ

●こだわっていること
「暮らしナチュラリストとしてこだわっていることは、無理をしないこと。自分に優しい暮らしをすることです。中でも、ハンドクリームや化粧水、洗濯柔軟剤・歯磨き粉などを手作りすることにこだわっています。ベランダ菜園のハーブやエッセンシャルオイルを使っています」

●「ナチュラル志向」になったきっかけは?
「もともとお片付けが苦手な私でしたが、たまたま目にした『整理収納アドバイザー』という資格を取得したことにより、モノの持ち方、暮らし方を考えるようになりました。
家の中や暮らし、生活が整うにつれてたくさんのモノを持っていれば幸せなのか? 暮らしやすいのか? 無理をしていないか? もっと自分に優しい、そして心地よさを求めた先にあったのが『暮らしナチュラリスト』という生き方でした。自然の力を無理なく取り入れることができるのが魅力だと思います」

●ナチュラル志向のメリットは?
1.自然の力を使って楽しみながらホームケアできる
「ナチュラリストになる前は、その場の汚れに合わせて洗剤や道具を揃え使い切れず、余らせることがありましたが、今は、汚れに合わせて重曹やクエン酸など自然の力を使って楽しみながらケアしています。ちなみに家の汚れは酸性とアルカリ性の2種類あります。酸性の汚れは皮脂や油のベタベタした汚れ、アルカリ性の汚れは水垢や尿などカリカリした汚れです。自然素材は、掃除や洗濯だけでなく、肌にも使えるので、スキンケアなどもできちゃいます」

2.ニオイでニオイをごまかすことなく暮らせる
「最近、『香害』という言葉を耳にすることも多くなりましたが、自然素材で優しく香らせることもできるため、ニオイでニオイをごまかすことなく暮らすことができます」

3.好きなモノだけで暮らせる
「何でもお店に売っていて簡単に手に入る時代ですがモノを増やすのではなく、待っているモノで代用したり、工夫をしたりすることが楽しくなりました。今持っているモノを大事に使う。大事に使うと好きになる。好きなモノで暮らすこと。お家がどんどん好きになっていきます。その暮らしをすることにより自分のこともどんどん好きになりました。気づいたら理想の暮らしに近づいていることはメリットの一つだと思います」

●これからナチュラルな生活をはじめようとしている人へ
「どんな暮らしをしたいのか、どんな自分になりたいのか理想を持つことも大事なポイントですが、ハードルが高いと苦しくなってしまいます。
現代の今の自分にとって必要なモノ、ホッと一息つけるモノ、力を抜いて過ごせること。無理をせず自分をいたわって欲しい。すべてをナチュラルな暮らしに変えることは大変ですが、ちょっとだけナチュラル、ちょっと優しい暮らしをして欲しい。自分の身体をケアするように、暮らしにも優しく、たくさんの心地良いを見つけて欲しいなと思います」

☆☆☆

2人のナチュラル志向の方は、どちらも自分らしい暮らしを手に入れているようですね。「マイノリティー」という言葉も出ましたが、今回、挙げられたメリットは、多くの女性に響きそうです。

2/2ページ

最終更新:6/18(火) 12:09
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事