ここから本文です

ヤマハ・YZF-R25 ABS試乗インプレッション【新旧モデル比較】

6/18(火) 11:30配信

WEBヤングマシン

倒立化で高荷重に対応。でも軸足はストリート

激しさを増す250SSウォーズ。ヤマハは次なる一手としてYZF-R25のスタイルを一新し、倒立フォークを投入した。’15年に登場、’18年に新排ガス規制対応により36→35psとなった本モデル。今回はマイナーチェンジが施された’19年モデルと’18年モデルを用意して新旧比較を実施。その実力をチェックした!

【写真をまとめて見る】

(◯)スタイリング一新で上質感を手に入れる

フロント&サイドカウルやタンクカバーの変更により、モトGPマシンのYZR‐M1やシリーズ最高峰のYZF‐R1を彷彿させるスタイリングを手に入れた新型YZF-R25。基本骨格となる鋼管ダイヤモンドフレームや、’18年モデルで新排ガス規制対応により1psダウンした249cc水冷並列2気筒エンジンなど、主たる部分には変更がない。このことからメーカーでは’19年モデルをマイナーチェンジと位置付けているが、肉抜きデザインのトップブリッジやフル液晶メーター、そして倒立式フロントフォークの採用により、見た目の上質感は飛躍的に高まっている。

まずはエンジンから。ライバルであるCBR250RRの38ps、ニンジャ250の37psに対して、YZF-R25は35psを公称。この3車の中では最もロングストロークではあるが、吹け上がりは軽快であり、スロットルを大きく開ければレッドゾーンの始まる1万4000rpmまで勢い良く伸びる。一段と元気が増すのは7000rpm付近からで、峠道ではここから上の回転域をキープしていればキビキビと走れる。レスポンスは適度であり、不快な微振動もほとんどなし。優良なエンジンである。

続いてハンドリング。倒立化されたフロントフォークはカートリッジ式となり、動き始めからジワッと減衰力が発生する。これも上質さを感じさせる要因の一つだ。ライダーの操作に対してナチュラルに反応するハンドリングは継承するが、正立式フォークを採用する従来型の方がスロットル操作だけでピッチングが発生しやすかった分、イージーさはわずかに減った感あり。新型は強めのブレーキングからコーナー進入でのトレース性が高まっており、路面がきれいな峠道での旋回力および旋回速度は明らかにアップしている。

その一方で、荒れた路面では旧型よりもわずかにタイヤが跳ねやすかったことから、今回のフォーク倒立化およびそれに伴うリヤショックの設定変更は、サーキット走行を意識したものだと分かる。とはいえ、これは新旧で比べた場合の話であり、軸足は間違いなくストリートにある。

1/3ページ

最終更新:6/18(火) 11:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事