ここから本文です

どんなiPhoneでも警察がロック解除できる? イスラエル企業の新しいツールが波紋

6/18(火) 12:17配信

WIRED.jp

それほど昔の話ではないが、かつては政府の依頼で個人のコンピューターデヴァイスに“侵入”する業者は、自分たちのやっていることやその能力を隠したがったものだ。ところが、いまではそれを自慢する時代になったようである。

スマートフォンの顔認証、警官はロック解除を強制できるのか?

デジタルフォレンジック(デジタル鑑識)を手がけるイスラエル企業のセレブライト(Cellebrite)が、最新モデルを含むあらゆる「iPhone」のデータ抽出が可能になったとツイートした。自社のフォレンジックツール「Universal Forensic Extraction Device(UFED)」の最新版である「UFED Premium」を使えば、「iOS」デヴァイスならどんなものでもデータの抽出ができるという。1カ月前にリリースされたばかりの「iOS 12.3」でも、自由に中をのぞくことが可能だ。

アップル製品だけでなく、サムスンの「Galaxy S9」などのAndroid端末も対象に含まれている。法執行機関の依頼を受けてデジタルデヴァイスの情報収集を行う請負業者でも、ここまで広範なサーヴィスを提供する企業は存在しない。少なくとも、自社のサーヴィス内容を公開している企業ではそうだ。

iPhoneからAndroidまで最新端末に対応

今回の動きによって、こうした業者とスマートフォンメーカーとのいたちごっこに拍車がかかるのは間違いない。ただ、これはセキュリティーを巡るさまざまな対立が、よりあからさまな段階に突入しつつあるということも意味する。

セレブライトはTwitterで、「当社の誇る新製品UFED Premiumをご紹介します! あらゆるiOSデヴァイスとハイエンドのAndroid端末のロックを解除し、データ収集を行うことが可能になります」と宣伝している。

リンク先のページには新しいツールの詳細な説明があり、iOSは「iOS 7」から最新版まですべてに対応していると書かれている。また、Android端末はサムスンだけでなく、ファーウェイ(華為技術)やLG電子、シャオミ(小米科技)などのモデルもロック解除できる。セレブライトによれば、UFED Premiumは「すべてのiOSデヴァイスとAndroidのハイエンドモデルからのデータ抽出に対応する唯一の法執行機関向けソリューション」だという。

アップルは昨年の秋にiOSのセキュリティ機能を強化しており、このためロック解除ツール「GrayKey」が使えなくなった。GrayKeyはジョージア州アトランタのグレイシフトが提供するソフトウェアで、米国の警察当局などで幅広く採用されている。

『WIRED』US版の取材に応じたある専門家は、グレイシフトはその後、iOS 12の一部のヴァージョンに対応するロック解除ツールの開発に成功していると話す。ただ『Forbes』の報道によると、同社がAndroid用ソフトウェアの開発に取り組み始めたのは比較的最近で、まだ成果は出ていないという。これに対しUFED Premiumは、iOSでもAndroidでもデータへのアクセスが可能なようだ。

ITセキュリティーの人材育成などを行うSANS Instituteのサラ・エドワーズは、「警察当局はこれまではアクセスできなかった最新のデヴァイスからもデータの回収ができるようになります」と話す。なお、セレブライトとグレイシフトにロック解除ツールの詳細について質問したが、回答は得られていない。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 12:17
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事