ここから本文です

テレビの気象番組に現れた「ヴァーチャル洪水」は、人々の気候変動への意識を変えられるか

6/18(火) 19:10配信

WIRED.jp

気候変動について十分に真剣に考えている人は、まだまだ少ない。その理由は、気候変動が日常生活からかけ離れていて自分ごとにしづらい問題であるからだ。影響力の大きさを認識している人ですら、この問題が自分にどう関与しているのか知らないこともしばしばある。

【動画】テレビの気象番組に現れた「ヴァーチャル洪水」

しかし、この問題をついに打開できるかもしれない番組が米国で登場した。気象情報専門放送局のウェザー・チャンネルが手がけたこの没入型の気候変動体験は、厳然と変わっていく世界にわたしたちを深くダイヴさせてくれる。

科学に耳を傾けさせるためのストーリー

ウェザー・チャンネルは今年4月、複合現実(MR)の技術を駆使したテレビシリーズの最新作を公開した。このチャンネルは気候変動をよく取り上げているが、今回の番組は潜在的な影響をこれまでで最もダイレクトに検証している。しかも、群を抜いて具体的なのだ。

番組は、気象学者のジェン・カーファグノが西暦2100年を訪れるところからはじまる。海水面の上昇によって、サウスカロライナ州チャールストンでは、大規模な洪水が恒常的に発生しているころだ。

場面はやがて、現在のヴァージニア州ノーフォークへと移る。ノーフォークは米国最大の海軍基地がある街で、いまも2100年のチャールストンと同じような危機がほぼ年1回のペースで発生している。最後には時代が1851年まで一気にさかのぼり、有名なヤコブスハヴン氷河が2世紀近くにわたって流出していく様子が映される。

3つの場面は気候変動の未来のみならず、現在と過去も内包し、視聴者の目を覚まそうと3方向から襲いかかってくるのだ。

「われわれは常に、気候変動という問題を視聴者の心に響くかたちで伝える方法を模索しています。でも、これが非常に難題なのです」と、ウェザー・チャンネルのクリエイティヴ・アート・ディレクターを務めるニック・ウェインミラーは語る。「いま現在は起きておらず、自分たちへの影響が量的にわかりづらい事象を、人々は無視する傾向にあります。だからこそ、われわれは何が起きているのかを視聴者が理解し、科学に耳を傾けるような気候変動のストーリーを常に探し求めているのです」

1/5ページ

最終更新:6/18(火) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ