ここから本文です

まな板、食卓には菌がたくさん!今日からできる掃除法

6/18(火) 21:12配信

ESSE-online

湿気が多い梅雨どきは、カビやダニ、悪臭などが発生しがち。そこで、家事代行サービス「タスカジ」のカリスマ家政婦ステラさんに梅雨にオーダーが多い場所別にケア&解決法を教えてもらいました。

毎日しておきたい梅雨どきのキッチンのこと

気温と湿度が高くなると菌は繁殖しやすくなり、悪臭はもちろん、食中毒の危険性もアップ。
「正しい除菌を心がけ、生ゴミなどの処理もいつも以上に丁寧に行いましょう」

毎日するべきケア

●保存容器や弁当箱はつめる前にアルコールスプレーで除菌

料理を長時間入れておく容器は、菌が残っていると腐敗や食中毒の心配が。

「きれいに洗ったものでも、料理をつめる前に食品にも使える除菌用アルコールスプレーをふきつけ、除菌を徹底して」

●まな板の除菌は酢とペーパータオルを使用

食材を直接のせるまな板は、いつも以上に除菌を心がけたいもの。

「広げたペーパータオルの上から酢をかけて湿布状態にし、しばらくおいてから流す方法が安心でおすすめです」

●作業台や食卓はペーパータオルでふく

作業台や食卓は、台ふきんでふきがちなところですが、そのふきんに菌がいたら塗り広げることになってしまいます。

「この場合は、除菌用アルコールスプレーをふきつけたペーパータオルでふきましょう。手軽で衛生的です」

週1回しておきたいケア

●排水口と水きりカゴは台所用漂白剤をシュッでOK

菌は水分と栄養があると悪臭を放ちながら繁殖します。

「水気や食品かすがたまりやすい排水口はもちろん、見逃しがちな水きりカゴの受け皿などは、塩素系台所用漂白剤でしっかり除菌しましょう」

●冷蔵庫は汚れがちなところを中心にアルコールスプレーで掃除&除菌

調理中の手で触れたり、調味料の液だれがついていたり、冷蔵庫は思っている以上に汚れています。
「除菌用アルコールスプレーを使えば、手軽に除菌できます。食材を入れるところだからこそ清潔に!」

家族みんなが触れるドアの取っ手には、手アカや菌がいっぱい! アルコールスプレーをふきつけたあとペーパータオルでふきましょう。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 21:12
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい