ここから本文です

政情不安続くベネズエラでサッカーが抱える複雑な事情

6/18(火) 23:01配信

footballista

ハイパーインフレがもたらした貧困層の激増によって国家崩壊の危機に直面し、今年1月以降は2人の大統領が併存する異常事態が続いているベネズエラ。そんな国で近年、サッカーと政治がどう交錯してきたか。1月17日~2月10日にチリで行われたU-20南米選手権に至るまでを追った、イタリアのWEBマガジン『ウルティモ・ウオモ』の記事(2月5日公開)を特別掲載。

文 ファブリツィオ・ガブリエッリ
翻訳 片野道郎


 U-20南米選手権のグループステージ第2節、チリ対ベネズエラ(2019年1月19日)。試合時間が残り数分となった時点で“ビノティント”(赤ワイン=ベネズエラ代表の愛称)は1-2とリードしていた。チリのニコラス・ディアスが左サイドを駆け上がりクロスを折り返そうとするその時、ベネズエラの右SBパブロ・ボニージャは容赦ないスライディングタックルを仕掛けて、ボールをタッチラインの外に蹴り出した。そこからペナルティエリアに戻って行こうとするボニージャに、ディアスを挑発するような素振りはまったくないように見えた。にもかかわらず、ディアスは我を忘れたように激怒した。2度にわたって「ムエルト・デ・アンブレ!」(muerto de hambre=「餓え死んだ人」を意味する侮辱の表現)という言葉を投げつけられたボニージャはしかしそれには応えず、次にチャンスがやってきたらどう仕返ししてやろうか、と思慮するような表情でそれを受け止めた。

 その出来事自体は、あえて取り沙汰するようなものではないかもしれない。20歳にも満たない未熟な若者がその場の衝動で反射的に口走っただけのことだ。実際、当事者の間でも、そのような振る舞いとして終結した。ディアスは翌日に謝罪し、ボニージャもそれを、ほとんどの人々には高潔かつ謙虚にすら見えるような自然さで受け容れた。にもかかわらずこの一件が、ディアスの謝罪をチリサッカー連盟がオフィシャルサイトに掲載するほど大きな問題になったのは、その背後に政治的な文脈、すなわちベネズエラがこの2年間、ハイパーインフレがもたらした爆発的な貧困層の増加によって国家崩壊の危機に直面しているという状況があったからだ。「ムエルト・デ・アンブレ」という侮辱がこの文脈の上で発せられたとしたら、言葉そのものが持つ意味よりもずっと重大なニュアンスを帯びることは明白だ。

 ベネズエラの危機は単に経済的な側面だけではなく、人道的な側面も持っている。過去3年間で150万人を超える国民が、経済的な困窮やニコラス・マドゥロ政権による弾圧を逃れるために移民を余儀なくされ、周囲の国々にとっても大きな問題を引き起こしている。その中には当然チリも含まれる。こうした状況が真っ先に引き起こす感情の一つはクセノフォビア、すなわち外国人嫌悪だ。ディアスが発した侮辱の言葉は、ほんの小さなことでそうした感情が爆発し得ることを教えてくれるものだ。

1/6ページ

最終更新:6/18(火) 23:01
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 071
7月12日(金)発売

特別定価1000円(税込)

[特集]
リアルタイム分析の進化はサッカーを変えるのか?
「再現性」を追求するデータ分析の未来

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ