ここから本文です

【ジェジュン】「最初に好きになったのは、X JAPANさんでした」

6/18(火) 16:10配信

with online

日本でソロ活動を始めて1年と4ヵ月。日本でのファーストソロアルバムとなる「Flawless Love」をリリースしたジェジュンさんの“今”に迫るQ&Aインタビューをお届けいたします。今回は、「15歳の時、ロックを聴いて衝撃を受けた。」というジェジュンさんがそれ以来、自分の中で時々暴れる(?)“ロック魂”について語ってくれました。

Q. 初めてロックという音楽に衝撃を受けたのはいつ?

A. 高校1年生のときです。最初に好きになったのは、X JAPANさんでした。

Q. 特に好きだった曲は?

A. 「こんなカッコいいロックバンドがあるんだ!」と知って、手に入る曲は、もう片っ端から聴きまくりました(笑)。そのころは、X JAPANとしては活動を休止していた時期で、リリースされていた曲は全部聴いて、バラードも、激しい感じのロックも、全部好きでした。一曲一曲から受ける感動がすごかった。

Q. 自分の中に、Rockな部分はあると思いますか?

A. もちろん! あ、でも最近…………ちょっとなくなってきたかも知れない(笑)。僕はもともと、自由を求める人間だったんです。でも、最近はロックっぽくなっていると思う。

Q. なぜでしょう? ステージで思い切りロックを歌えているから?

A. 違います。前は、例えばロックな曲を披露するときは、「ステージの王は俺だ!」みたいな強気な感じで歌っていたんです(笑)。「俺の歌を聴け!」とか、「俺についてこい!」というナルシストっぽい部分がないと、ああいう激しい音楽のスピリットを伝えるのは難しい。それが最近は、ソロデビューした新人として、謙虚にならないといけないなと思っていて(笑)。

Q. これまでちゃんとアーティストとして築いたキャリアがあるのに?

A. はい。もちろん、今まで応援してくださったファンの方がいるから、こうして日本で活動できているわけですけど、日本で、ソロで、オリジナルアルバムを出させていただくからには、一つ一つの活動に感謝の気持ちを持って、誠実になっていくことが大切だと思うんです。

最終更新:6/18(火) 16:10
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事