ここから本文です

爆笑か、失笑か……西武・熊代聖人、試合前の“訓示”に対する試行錯誤

6/18(火) 11:00配信

文春オンライン

「みなさん、いや、お前ら、いいか~……」

 このフレーズに、ピンときた方も少なくないかもしれない。昨シーズンから始まった、ホームゲーム時に行われる、熊代聖人選手による恒例の“訓示”の出だしの常套句である。

この記事の写真を見る

 この“訓示”の秀逸さについては、昨年9月にこの 文春野球 でも紹介させていただいた。

 その盛り上げが、チームの10年ぶりリーグ優勝に一役買ったとして、オフシーズンにはテレビ各局の人気番組にも出演し、実際に披露。すっかり全国区となった。

 優勝の験担ぎとして、今シーズンも引き続き、ホームゲームのセカンド・アップ後に必ず行われている。果たして、昨年からの変化はあるのだろうか。周囲からの評判はいかがなものか。ずっと気になっていた。

“影のシナリオライター”不在で悪戦苦闘の日々

「銀さんって、やっぱりすごいなぁと思わされています」

 熊代選手本人に直撃すると、真っ先に返ってきたのは、昨季までのチームメイト炭谷銀仁朗選手(FA権を行使し、今季巨人へ移籍)への追憶の言葉だった。というのも、連日笑いに包まれていた昨年の訓示、その内容の多くは、炭谷選手の助言をヒントにしていたからだ。その、“影のシナリオライター”がいなくなり、今年は「本当にネタがないんです」。悪戦苦闘が続いているのだという。ましてや、あれだけ話題になり、注目を集めたことで、チームメイトたちが求めるハードルも相当上がっている。「最近、みんな全然笑ってくれないんですよ」。人知れずヘコんでいることも多いそうだ。

 そんなある日、巻き返しを図るべく千載一遇のチャンスが巡ってきた。6月11日からの3連戦、対戦相手が巨人だった。「絶対に、銀さんに聞いてきます!」。アドバイスとネタを提供してもらおうと、意気揚々と名脚本家の元へ向かったが、結果は「あかんかったです」。撃沈に終わった。せめて、そのショックをネタにしようと、早速その日の訓示でエピソードとして披露することにした。

「みんな、いやお前ら、聞いてくれ。去年まで“ゴーストライター”といわれていた炭谷銀仁朗に、ちょっと(訓示の)アドバイスを聞きに行ってんねんけど、笑いながら『ないってー』って言ってたわ。『ない』ってなんやねん!」

「…………」

 残念ながら、期待した笑いは起こらなかった。

 こんな風に失笑に終わろうとも、次の日も、また次の日も、熊代選手は毎日変わることなく輪の中心に立ち続けている。実は、そこには「やりきる、という強いメンタルを見せつけていきたい」という強い信念が隠されている。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事