ここから本文です

米空港で導入進む顔認証技術 国民の大半に抵抗感

6/18(火) 16:30配信

Forbes JAPAN

米議会も顔認証技術の是非を検討

あまり知られていないかもしれないが、乗客は顔認証技術の使用を拒否してモバイル端末や紙の搭乗券の使用を要求することが(少なくとも現時点では)可能だ。航空会社は多くの場合、オプトアウト形式で顔認証技術を導入しているので、乗客が拒否の意思を明示しない限り同技術は自動的に適用される。

米議会は是非を検討

米下院の監視・改革委員会が今月4日に開いた顔認証技術に関する2回目の公聴会で、議員らはTSAなどの政府機関が顔認証技術をどのように使用してきたかについて質問した。

TSAの要求・能力分析部門の副管理者であるオースティン・グールドは公聴会で、顔認証プログラムは空港の保安検査の待ち時間削減に有効だとし、「飛行機搭乗客の数は年間約4%ずつ増えており、搭乗者の身元確認をより効果的に行いつつ処理量を増やせることは非常に有益だ」と述べた。

議員、そして旅行客が今後どのようにしてプライバシーの懸念と長期的な利便性のバランスを取るのかについては、まだ答えは出ていない。

Suzanne Rowan Kelleher

2/2ページ

最終更新:6/18(火) 16:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年9月号

株式会社アトミックスメディア

2019年9月号
7月25日(木)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事