ここから本文です

グーグルが渋谷にキャンパスを開設 「スタートアップ支援は我々のDNA」

6/18(火) 12:30配信

Forbes JAPAN

グーグルは6月18日、日本におけるスタートアップ支援の取り組みとして、2019年内にコミュニティスペース「Google for Startups Campus」を渋谷ストリームに開設することを発表した。

同スペースはロンドン、マドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワの6拠点で開設されており、東京は世界で7番目のキャンパスとなる。

東京にGoogle for Startups Campus(以下、Campus)を開設することについて、Google for Startups Partnerships Managerのマイケル キムは、「日本は機械学習、AI、ハードウェアの分野において先進的であり、特別なスタートアップエコシステムもある。また、若い世代には優秀な人材がいて、イノベーションの源泉とになる人物がいる。Campusが次世代の起業家を生んでいくことは間違いない、と確信している」と語った。

4550件の仕事を創造し、累計調達額は8億ドルにのぼる

Campusはアーリーステージ、グロースステージのスタートアップを対象に、コミュニティの構築やメンターシップなど学びと成長の場を提供する取り組み。マイケルはCampusのことを「起業家やVCなどが一堂に会するハブ」と語り、両者のネットワーキングを促進することで事業アイデアが共有され、次世代の起業家が生まれやすくなるという。

グーグルはCampusを通じて、ワークスペースやコラボレーションエリア、会議室などはもちろんのこと、コミュニティで開催されるイベント、スタートアップの経営者への研修プログラムを提供。スタートアップがグローバルで活躍するための支援を行っている。

2018年、世界各国のCampusを通じて創造された仕事の数は4550件、スタートアップの累計調達額は8億ドルにのぼるという。またマイケルが「最も誇らしい数字」と言って披露したのが、メンタリングの数だ。

「Campusでのメンタリングの人数、時間は年々大きくなっている。2018年、メンタリングを受けた人数は1万4000人だった。これは素晴らしいことだと思う」

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 12:35
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年8月号

リンクタイズ株式会社

2019年8月号
6月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事