ここから本文です

『ターミネーター:ニュー・フェイト』、監督とキャストが証言する特別映像が解禁

6/18(火) 23:30配信

Rolling Stone Japan

11月8日より日本公開される『ターミネーター』シリーズの最新作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』の特別映像が解禁。『ターミネーター2』の正当な続編となる本作には、女戦士サラ・コナー約のリンダ・ハミルトンが28年ぶりに復帰したことでも話題となっている。

映像はこちら|『ターミネーター:ニュー・フェイト』、監督とキャストが証言する特別映像が解禁

新たに公開された特別映像では、シリーズのレジェンドたちの壮大な闘いの幕開けを予感させる。『ターミネーター』の初期2作ではごく普通の生活から一変、地球上の全人類をスカイネットの脅威から守るべく孤独に死闘を繰り広げたサラ・コナーだが、映像内でリンダが「最高の気分ね。サラの助けが必要とされているの」と語るように、『ターミネーター2』以降彼女の人生と人類に何があったのか――。第一作・第2作で監督を務め、今作では製作として名を連ねるジェームズ・キャメロンは、「リンダ(・ハミルトン)は、当時よりさらに格好良くなって帰ってくるよ」と太鼓判を押す。

もう一人のレジェンド、アーノルド・シュワルツネッガー演じるT-800の活躍も見どころだ。「リンダやキャメロンはもちろん、ティム・ミラー監督との仕事も楽しい」とインタビューに応えるシュワルツネッガーの表情は穏やかだが、その顔は傷だらけで、服は破け散っており、新型ターミネーターとの死闘が繰り広げられることを示唆している。そして、溶鉱炉に沈んだはずのT-800がなぜ生きているのか? 今後の続報にも期待してほしい。

<映画情報>

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
2019年11月8日(金)全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
監督:ティム・ミラー
製作:ジェームズ・キャメロン、デイヴィッド・エリソン
キャスト:アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ
©2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:6/18(火) 23:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事