ここから本文です

「学ばなければいけない」 中島翔哉が惨敗で感じた王者チリとの「違い」【コパ・アメリカ】

6/18(火) 15:19配信

SOCCER DIGEST Web

チャンスを確実に決め切るしたたかさに違いが

[コパ・アメリカ/グループリーグ第1戦]日本 0-4 チリ/6月17日/エスタジオ・ド・モルンビー

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 日本代表は6月18日(日本時間)、コパ・アメリカの初戦でチリ代表と対戦。大会2連覇中のディフェンディングチャンピオンに0-4の惨敗を喫した。

 東京五輪世代の選手が主体となって挑んだ日本は、序盤こそアグレッシブに仕掛け、チャンスを作っていたものの、41分にCKから先制ゴールを許してから、徐々にチリの圧力に屈していった。

 後半も少なからずシュートチャンスはあったものの決め切れずにいると、54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を奪われ、82分、83分には立て続けに失点。チャンスを確実に決め切るチリのしたたかさがスコアに表われたような結果となった。
 
 左サイドハーフで先発出場した中島翔哉は、「しっかりとクロスの質も高い。ボールを奪いに来る迫力もすごくあった。ワンタッチももちろん巧かった」とマッチアップした相手の印象を振り返る。

 とりわけ違いを感じたのは、やはりフィニッシュの精度だという。

「決定力があるのはもちろん最初から分かっていた。そういう決めるところ。決めるべきところに居るポジショニングとか、そういうところは感じました。自分たちも学ばなければいけない」

 中島が言うように、シュートのセンスだけでなく、フィニッシュに至るまでのポジショニングなども含め、格の違いを見せつけられた。ただし、その差を肌で感じられた経験が成長の糧になるのは間違いないだろう。
 
 次戦のウルグアイ戦では、また違った姿を見せられるか。期待したい。

最終更新:6/18(火) 15:57
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事