ここから本文です

【ACL採点&寸評|鹿島】セルジの一撃で広島に先勝。だがMOMは技巧派アタッカー

6/18(火) 21:15配信

SOCCER DIGEST Web

攻守両面で頼りになったダブルボランチ

[ACLラウンド16第1戦]鹿島1-0広島/6月18日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 6
一進一退の攻防を続けた前半にワンチャンスを活かして先制に成功する。後半は相手のミスを誘う組織的な守備がさらに機能。セルジーニョの虎の子の一点を守り切り、完封勝利。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
3度のアジア制覇経験者としての貫禄と余裕のあるプレー。きっちりとゼロに抑えた。
 
DF
5 チョン・スンヒョン 6
タイトな守備で相手に簡単に前を向かせず。味方に届けるヘッドのクリアも素晴らしい。
 
6 永木亮太 5.5
安易に食いつかず、狙いを定めてマイボールにするまでは「〇」。その後の展開は「△」。
 
DF
22 安西幸輝 5.5(73分OUT)
鋭い縦パスもあったが、いつものダイナミズムは鳴りを潜める。クロス対応は良かった。
 
39 犬飼智也 6
リスクを排除したディフェンス。二手、三手先を読み、敵の逆襲に備えたポジショニング。
 
MF
4 レオ・シルバ 6.5
隙あれば前に持ち運ぶ推進力と正確なショートパス。潰し役としての仕事ぶりも水準以上。
 
20 三竿健斗 6.5
奪うまで何度でも。粘り強い対人守備で脅威を与える。味方を鼓舞する声掛けも盛んに。

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち

セルジーニョは前線の基準点としても奮闘

MF
25 遠藤 康 6(81分OUT)
劣勢時は守る、攻勢時は攻める。攻守で割り切りとメリハリのある振る舞いが効いていた。
 
41 白崎凌兵 5.5(90分OUT)
6分のミドルシュートは惜しくもGKに止められる。守備はサボらず、手を抜かず。
 
FW
8 土居聖真 7 MAN OF THE MATCH
ロー、セカンド、サード、そしてトップに入れた瞬間の左足クロスで先制点をアシスト。ギャップを突いて巧みにパスを引き出し、前を向き、攻撃をリードした。
 
18 セルジーニョ 6.5
土居のクロスをヘッドで押し込む。前線の基準点としての働きぶりもまずまずだった。
 
途中出場
DF
28 町田浩樹 6(73分IN)
左SBでプレー。パスを出して、前に出て、すぐ戻る。球際の勝負でも激しさを見せた。
 
FW
15 伊藤 翔 ―(81分IN)
ピッチに立ってすぐの土居からの好パスは収められず。出場時間15分未満のため採点なし。
 
FW
19 山口一真 ―(90分IN)
限られたプレータイムのなか、懸命にボールを追う。出場時間15分未満のため採点なし。
 
監督
大岩 剛 6
広島の連動性ある攻撃に対し、万全の対策。危なげないマネジメントでホームで先勝。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/18(火) 21:16
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事