ここから本文です

チーズと相性抜群過ぎ! 旬のなすでお手軽グラタン

6/18(火) 16:30配信

レタスクラブニュース

くせのない味が魅力のなすは、5月~9月に旬を迎える夏野菜。なすを加えたグラタン料理にトライしてみませんか?

にんにくとオリーブ油で風味がアップ!「なすのミートソースグラタン」

■ ひき肉となすのフライパングラタン

【材料・2人分】

牛ひき肉 150g、ピザ用細切りチーズ 適宜、じゃがいも 小1個、なす 1個、トマト 小1個、パセリのみじん切り 適宜、サラダ油、塩

【作り方】

1. じゃがいもは3mm厚さの薄切りにし、水にさらしてざるにあけ、水けをきる。なすは5mm厚さの縦薄切りにし、トマトは5mm厚さの輪切りにする。

2. フライパンに油少々を入れ、ペーパータオルで全体に薄くのばす。じゃがいもを少しずつ重ねながら敷き、塩少々をふる。その上になすも同様に重ねながら並べる。ひき肉をなすの上に平らに広げ、塩少々をふり、トマトを並べる。ひき肉は上下を野菜ではさみ、蒸し焼きにすることで火を通す。

3. ふたをして弱めの中火で約10分蒸し焼きにし、火を止める。チーズを散らしてパセリをふり、再びふたをしてチーズが溶けるまで蒸らす。

(1人分286kcal、塩分0.8g、調理時間20分)

フライパンだけで作れるお手軽レシピ。じゃがいも、なす、ひき肉、トマトを順番に重ねていきます。野菜でひき肉をはさみ、蒸し焼きにするのがポイント。ふたをして食材を蒸したら、火を止めてチーズとパセリを散らせば完成です。

■ なすのミートソースグラタン

定番のミートソースで子どももよろこぶ味わいに。なすと濃厚なミートソースが相性抜群です。縦にカットしたなすは、塩をふってしばらく放置。なすの水けをふいたら、オリーブ油を熱したフライパンで両面焼いてください。

■ なすとミートソースの重ね焼き

ジューシーなソースとクリーミーなチーズの味がやみつきになる1品。レンジで加熱したなすをグラタン皿に並べたら、デミグラスソースをかけて焼き上げます。グラタンは2回に分けて焼くと◎。モッツァレラチーズのとろける食感を楽しんで。

■ 肉だんごとなすのトマトグラタン

ごろごろとした肉だんごが食べごたえのあるグラタン。肉だんごとなすはフライパンでしっかりと焼き、うまみを閉じ込めてからソースを加えるのがコツです。見映えもよいので、おもてなしにもうってつけ。

■ なすのペンネグラタン

なすに豚肉のうまみをたっぷり吸わせたラグーソースが味の決め手です。冷蔵庫と冷凍庫で保存できるので、多めに作ってもOK。クリームコーン缶で作ったソースと合わせれば、2種類のソースで飽きのこない仕上がりになります。

なすを3日以上保存するときは、水が蒸発しないようポリ袋に入れましょう。

最終更新:6/18(火) 16:30
レタスクラブニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

SNOOPY家計簿2019!
新米がすすむ!地味ウマおかず
食費3万円以下の女たち
野菜の栄養を最大限にとる方法

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事