ここから本文です

岡田准一が初めて長野博に話しかけた言葉は「〇〇、濃いっすね」

6/18(火) 19:11配信

ザテレビジョン

関西にある居酒屋やレストランを紹介する放送のグルメ情報番組「水野真紀の魔法のレストラン」(MBS毎日放送)。「京阪」と「阪急京都線」の沿線グルメを比較する6月19日(水)放送回に岡田准一がゲストで登場し、大の仲良しである番組レギュラー長野博と意外なはしゃぎっぷりを見せる。

京阪沿線の枚方市出身で、ひらかたパークのイメージキャラクターをつとめる岡田は、超ひらパー兄さんの決め台詞「超ひらパー兄さんで、おま!」の掛け声とともに登場。めったに大阪で顔を合わせる機会がない、という長野にさっそく絡むなどノリノリで番組はスタート。

長野と25年の付き合いになる岡田は、V6結成時のエピソードを披露。当時14歳の岡田に対し、長野は22歳。「やさしかった。初めて喋りかけてくれた時の会話は「親子丼食べる?」だった」と当時を振り返った。一方、長野は岡田が自分に初めてかけた言葉は「すね毛、濃いっすね」だったと暴露し、岡田を赤面させる場面も。

6月21日公開の主演映画では、伝説の殺し屋を演じる岡田。武術や格闘技のインストラクターの資格を持つ岡田のアイデアが、劇中の殺陣に使われたという話から、格闘技について質問したロザン宇治原がプロの技を身をもって学ぶ流れに。岡田の締め技を受けた宇治原は感想を聞かれ、「あ、このままいったら死ぬな~と思った」と率直に語り、現場は大いに盛り上がった。

(ザテレビジョン)

最終更新:6/18(火) 19:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事