ここから本文です

三吉彩花、23歳の誕生日に矢口史靖監督がサプライズでお祝い!!<ダンスウィズミー>

6/18(火) 21:18配信

ザテレビジョン

映画「ダンスウィズミー」のヒロイン・三吉彩花が6月18日に23歳の誕生日を迎え、矢口史靖監督がサプライズで誕生日を祝福した。

【写真を見る】海外ではしゃぐ三吉彩花!

■ 三吉彩花が見せる、圧倒的なダンスパフォーマンスや歌声が話題に!

カナダ・トロント日本映画祭に続き、先日は中国・上海国際映画祭に登壇した三吉。上海国際映画祭のレッドカーペットでは、煌びやかなドレスに身を包み、眩いほどの美脚を世界に向けて披露した。

モデルとして抜群のプロポーションと存在感を誇り、世界からも注目される三吉彩花が「ダンスウィズミー」の劇中で見せる、長い手足を活かした圧倒的なダンスパフォーマンスや歌声が「とにかく華やかで美しい」「ハッピーな気持ちになれる」と話題に。

本作をきっかけに、世界の映画界からも注目される存在になっている。

■ 三吉彩花、サプライズに照れる!?

三吉は、トロント、上海と2週連続で海外映画祭に参加するなど、日々奮闘中。その三吉を矢口監督が労い、サプライズで誕生日を祝うことに。

監督からは、アジアンビューティーな三吉をイメージした“真っ赤なバラの花束”を贈られ、スタッフ全員によるハッピーバースデーソングで祝福。最初はびっくりした表情を見せた三吉だったが、やや照れながら花束を受け取り、にっこりと満開の笑顔を見せた。

また、映画祭の合間に訪れたナイアガラの滝や、上海で撮影したやしろ優、chayらとのオフショットも、誕生日に合わせてお披露目されている。

■ ミュージカルが苦手な人も楽しめる、矢口史靖監督による構想16年の最新作

「ダンスウィズミー」は“ミュージカルが好きな人だけでなく、ミュージカルが苦手な人にも楽しんでもらえる”と、矢口監督が自ら太鼓判を押す、構想16年の最新作。

ミュージカルが苦手な人には違和感を覚える“登場人物たちがせりふの途中で歌い踊り出す”という、ミュージカル特有の部分を作品の設定に据えることで、これまでにない新しいミュージカル映画となっている。

■ 映画「ダンスウィズミー」ストーリー

静香(三吉彩花)は、子供のころからミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえると、ミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!

スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し、所かまわず歌い踊り出すせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかし、その先には裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!

果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?(ザテレビジョン)

最終更新:6/18(火) 21:18
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン29号
7月10日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事