ここから本文です

MF中島翔哉のポルトガル復帰報道に韓国注目 「カタール行きは首をかしげるものが…」

6/18(火) 16:42配信

Football ZONE web

ソン・フンミンを超えるアジア最高額の移籍金を機に耳目を集める

 アル・ドゥハイルに所属する日本代表MF中島翔哉が「ポルトガルのクラブへの復帰を希望している」と、韓国のスポーツ総合サイト「スポータルコリア」が報じている。

【一覧】中島は1位にランクイン! 日本代表、コパ・アメリカ全23選手「推定市場価格ランキング」

 同メディアはポルトガル紙「OJOGO」の記事を引用し、「中島はカタールでの生活に満足していない。移籍に対する後悔が大きくなった中島は欧州復帰を求めている。これに合わせてFCポルトがレンタルでの移籍を進める計画だ」と伝えている。

 また、「中島は今年初め、アジアの選手としては最高額の移籍金でカタールのクラブに移籍した。中島のアル・ドゥハイルへの移籍金は3500万ユーロ(約43億円)で、ソン・フンミンがトットナムに移籍したときの3000万ユーロ(約37億円)を超えて、アジア最高額を記録した」と、当時の移籍金を韓国代表FWソン・フンミンと比較。アジアの選手としては想像を超える高額の移籍金が発生したことで、韓国でも中島の名前は注目されていた。

 さらに「当初から中島のカタール行きは首をかしげるものがあった。中島はポルトガルのポルティモネンセにすぐに適応し、欧州ビッククラブも関心を示していた。中島の成長に日本サッカー界も次世代エースとしても期待していた。ただ、スタートはあまりよくなく、ここまで13試合で2得点にとどまっている」と報じている。

 アル・ドゥハイルへの移籍と現在のコンディションからして、中島が欧州への移籍を模索してもおかしくはない。韓国メディアも日本代表の主力へ成長を遂げた中島の動向を注視している。

金 明昱 / Myung-wook Kim

最終更新:6/18(火) 17:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事