ここから本文です

「非現実的な決定機逸の連続」 FW上田、ビッグチャンス逃す決定的瞬間に海外が脚光

6/18(火) 11:48配信

Football ZONE web

A代表デビュー戦で1トップを務めた上田、南米王者チリを相手に決定機の連続も不発

 日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ(南米選手権)初戦で大会2連覇中のチリ代表と対戦し、0-4の大敗を喫した。この日A代表デビューを飾ったFW上田綺世(法政大)は、試合を通して幾度となく決定機を迎えたが、ネットを揺らすことはできなかった。海外メディアも「非現実的な決定機逸の連続」と、上田が多くのビッグチャンスを棒に振ってしまったことを指摘している。

【動画&写真】「非現実的な決定機の連続」 A代表デビューのFW上田綺世、ビッグチャンスを立て続けに外した瞬間

 若手主体で今大会に臨んだ森保一監督は、初戦のチリ戦にA代表デビューとなる6選手をピッチに送り込んだ。上田はその中の1人として、4-2-3-1システムの最前線という大役を託されることになった。序盤から攻守の入れ替えが激しい一進一退の展開となるが、終わってみれば日本は無得点、チリは4得点と大きな差がついた。

 シュート本数は日本が12本、チリが16本とそこまで差がつかなかったが、結果的に日本は決定力不足を露呈することになった。そして、この日最も多くの決定機を迎えたのが上田だった。前半44分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出した上田は相手GKをかわしビッグチャンスを迎えるが、慎重になりすぎたのかタッチ数が多くなり、最終的にシュートはゴール右に逸れることになった。

 そして後半12分には右サイドのアーリークロスをフリーの上田がゴール前で受けるも、今度は急ぎすぎたのか、難しいダイレクトボレーを選択し枠を逸れてしまう。同24分には左サイドを突破したMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)がグラウンダークロスを供給。ファーサイドに上田がフリーで飛び込むも合わせられず、さらに同30分には途中出場のMF三好康児(横浜F・マリノス)のスルーパスに抜け出しチャンスを迎えるが、トラップから右に流れすぎたため、相手GKに防がれてしまった。

 立て続けに決定機を迎えながら生かせなかったことに対し、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツ・センター」は、公式ツイッターで「チリ戦で上田が非現実的な決定機逸の連続」と文章を添え、ビッグチャンスを外した決定的瞬間を写真で公開している。

 上田にとってはほろ苦いデビュー戦となったが、王者チリ相手に幾度となく決定機を迎えることができたのは、上田の卓越した動き出しがあってこそであるのも確かだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/18(火) 14:38
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事