ここから本文です

18歳久保建英、チリ戦0-4大敗に課題指摘 「後ろのほうでボールを回しても全くダメ」

6/18(火) 12:50配信

Football ZONE web

トップ下でA代表初のスタメン出場、「後付けですけど……」とチームの課題に言及

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ初戦でチリと対戦し、0-4と大敗を喫した。A代表初のスタメン出場を飾った18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は「シュートも打たないと入らない」と課題を挙げつつ、「後ろのほうで回してもダメだなと思った」と振り返っている。

【動画】決定機逸で悔しさ露わ! A代表初先発の18歳久保建英、チリ戦で華麗な2人抜きドリブルも…両手でピッチを叩き“感情爆発”の瞬間

 東京五輪世代の若手を中心に臨んだ日本は、代表2試合目の久保を4-2-3-1のトップ下に配置。1トップにFW上田綺世(法政大)、左サイドハーフにMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、右にFW前田大然 (松本山雅FC)を送り出した。

 序盤は日本が攻め込む場面も見られたが前半41分にCKから被弾。後半に入ると地力の差が如実に現れ、3失点を喫した。

「途中から速いパスをくれるようになって、何回かサイドや真ん中で良い連係が作れた」と振り返った久保だが、「0-0の時、その時間帯を当たり前だと思わずにどんどん攻めて、0-0の時にあれができていたらもっと違った」と指摘。リードを許してから久保にパスが入り始めて日本の攻撃が活性化したが、“0-0の時の試合運び”に課題を見出していた。

 また「後付けですけど……」と前置きしつつ、「試合が終わってとても強く思った。シュートも打たないと入らないので、ちょっと後ろのほうでボールを回していても全くダメだなと思った」とチームが抱える課題を感じ取ったようだ。

「チームとして積極的にシュートとして終わるのは、次の試合から心掛けていきたい」

 20日の第2戦ではウルグアイと対戦する。チリ戦の反省を生かし、強敵を相手に改善したプレーを見せられるだろうか。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/18(火) 18:51
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事